読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Amazonで今すぐ使えるクーポンGET !

記憶力をUPする方法、記憶の宮殿(マインド・パレス)、虚空像求聞持法

gigazine.net

誰でも訓練をすると記憶力がUPするというか、記憶をしやすく、また引き出しやすくすることができるという研究が紹介されている。

ここで紹介されている「記憶の宮殿」というのは、海外ドラマ『SHERLOCK』の中でマインドパレスと呼ばれているものと同じである。

arekorebibouroku.hateblo.jp

別の記事を見ていたら、関連記事にこの話題があった。

lifehacking.jp

なんと映画『羊たちの沈黙』、『ハンニバル』のハンニバル・レクター博士もこの方法で物事を記憶し、さらにはその宮殿で遊んだり、憩うことができるというのである。

Amazonで調べてみたら、レクター博士のこの宮殿について書かれた本があった。

私は映画しか見ていないので細かい人物像や人物相関を知らないのでちょっとこれを読んでも楽しめないと思う。

上の記事で著者が読んだという『マッテーオ・リッチの記憶の宮殿』と同じ内容だと思われる本も見つけた。

ハンニバル』の作者のトマス・ハリスが参考にしたのもこの本なのだそうだ。

この「マインド・パレス」または「記憶の宮殿」と呼ばれる記憶術は、かなりポピュラーなものでTEDでも紹介されている。

www.ted.com

科学ライターだった講演者のジョシュア・ショアが取材した人に教えてもらったのもこの記憶の宮殿である。

Lifehacking.jpの記事とこのTED動画でやり方はある程度わかる。

講演者ジョシュア・ショアの本もある。

本のタイトルにもある通り、彼はこの方法を学んで、1年後には世界各地で行われている記憶力大会のアメリカ大会で1位になるという快挙を成し遂げている。

実はこの方法は、随分前から知っていて何度か試してみたことがあるのだが、うまくいかなかった。

もっとも、ちょっと変形したものだったが。

自分の部屋や場所の代わりに自分の身体を使う方法である。

覚えたいものが複数あるときに、それを身体の各部位に関連付けるのである。

  • カエル
  • ハサミ
  • 飛行機

を覚えておきたい時に、頭の上にカエル、肩の上にハサミ、足の下(別に上でも良い)に飛行機を置いているイメージを作るのである。

イメージしながら、頭や肩、足を軽く叩くなどする。

思い出すときには、同じように頭、肩、足を軽く叩くのである。

そうするとその時のイメージが想起されて記憶が引き出せるというわけだ。

これがなかなかうまくいかなかった。

記憶の宮殿法では、記憶したいことそのものをイメージした場所に置くだけでなく、鍵となるイメージにかなり強烈で違和感を感じるものを配置し、そこからの連想で記憶を引き出していくのでもしかするとそちらなら覚えやすいのかも知れない。

しかし、私はここのところ、数分前の記憶も曖昧になってきていて、読んだ記事も内容をすぐに忘れてしまうほど記憶力が衰えている。

ドラマに至っては見ているうちに前の内容を忘れてしまい、話がわからなくなるくらいだ。

これでは記憶の宮殿にものを置く場合に、場所や鍵となるイメージを想像しているうちに記憶しようとしている物事そのものを忘れてしまう。

短期記憶をどうにか戻さないといけないと思っている。

そのこととは直接関係ないが、一番最初のGigazineの記事のブコメにこんなものがあった。

誰でも「超記憶」を練習次第で獲得できるようになるという研究結果 - GIGAZINE

虚空蔵求聞持法

2017/03/14 14:23
b.hatena.ne.jp

何かと思って調べてみた。

「虚空蔵求聞持法」、こくうぞうぐもんじほう、と読むらしい。

虚空蔵菩薩 - Wikipedia

Wikipediaによると虚空蔵菩薩は"広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩"のことで、この菩薩の名前を関した修行であり、記憶力をアップする秘密の技法が「虚空蔵求聞持法」ということらしい。

「オン バザラ アラタンノウ オンタラク ソワカ」や「ノウボウ アキャシャキャラバヤ オンアリキャ マリボリソワカ」という真言(マントラ)を百日間かけて百万遍唱えるのだそうだ。

マインドフルネス瞑想とは異なる、マントラを唱える瞑想法だと言っても良いだろう。

chounouryoku.net

あの空海はこれを行って、驚異的な記憶力を手に入れたそうである。

この記事にあるように百日間で百万遍唱える以外にも作法があるらしいが。

これを続けるのはなかなか大変そうだ。

「ノウボウ アキャシャキャラバヤ オンアリキャ マリボリソワカ」を10回唱えるのに30秒弱かかる。

1000000回唱えるのには3000000秒かかる。

これは計算が間違えていなければ、833時間ほどになる。

1日に8.3時間ほどやれば100日で百万遍唱えるということを達成できることになる。

暇があればできないことはないと言えるかも知れない。

しかし、この真言を覚えるのが大変だった。

意味のわからない言葉の羅列だから短いけれども覚えるのは難しい。

リズムもわからなかった。

なかなか覚えられず手こずっていたが、この動画を見つけた。

www.youtube.com

これを聞きながら、真言の文字を見てシャドーイングしていたらやっと唱えられるようになった。

この動画のタイトルは「虚空蔵菩薩真言2【聞いているだけで運気が上昇するBGM】 成績向上、記憶力アップ、技芸向上、商売繁盛する真言 」。

聞いているだけで運気が上昇し記憶力アップするらしい。

何とか聞くだけで記憶力が良くならないものだろうかと楽をすることを考えてしまった。

こちらの動画の方だともっとゆっくり唱えている。

www.youtube.com

これなら唱えるのも楽だ。

ただし、一日に唱える時間はその分長くなる。

本もある。

記憶力をアップする方法の基本はまず記憶する作業を実践することだから、まずは色々覚える訓練をしつつ、時間があったらこのマントラを唱えてみようと思う。


関連記事

arekorebibouroku.hateblo.jp

arekorebibouroku.hateblo.jp

arekorebibouroku.hateblo.jp

広告を非表示にする