あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

ビットコインBitCoinの次に続くのは?

ビットコイン保有者は25万人、最大は「ナカモト氏」

今年はビットコインが随分と注目されましたね。

ビットコインの名前は以前から知っていましたが、電子通貨と仮想通貨の区別がついていませんでした。

BitCoinは取引価格が高騰していて儲かりそうな感じはしますが、もはやBitCoinを得るのは困難です。

ビットコインを0から手に入れるためには、マイン(採掘)というコンピュータによる計算作業が必要になりますが、BitCoinの将来性にいち早く目をつけた人が電気代の安い海外に相当数のコンピュータを設置して24時間絶えず計算し続けるということをしているため、一般人はほぼ新規参入は無理です。

BitCoinのような仮想通貨に価値があると気がついた人たちのもう一つの行動は、新しいBitCoinのようなものを作る、またはそれを見つけていち早く参加することです。

すでに幾つかあるらしいですよ。

改良版Bitcoinを名乗るOpenCoinがAndreessen Horowitzらから資金を獲得

Bitcoinと並ぶ仮想通貨DogecoinがハックされてUS$換算12000ドルを喪失

Dogecoinは不名誉な記事ですが、BitCoinの後継と言われているそうです。

興味のある人は投資してみてはどうですか?

大儲けできるかも知れませんよ・・・。

これらの通貨がBitCoinくらい注目されて価値が出てくるとBitCoinの価値は相対的に下がってきて一般人も利用できるようになるかも知れませんね。

そもそもまだまだ仮想通貨は使う場所がほとんどありませんから、もっと全体的に注目されないと利用する機会はないでしょう。

日本では、ネット決済はやっぱり不安なので、コンビニなどで額面分の電子通貨を買うのが一般的ですし、こっちのほうがより普及するとは思います。

仮想通貨よりも電子通貨ですし、クレジットカードよりも電話会社経由、あるいはコンビニで額面のカード購入が安心と思うんでしょうね。

以前は、ネット上でお金のやり取りをするのが不安だという風に評価されていたんですが、単純に支払方法への不安だったようです。

1年で3倍!日本のアプリ市場が世界一に 海外「将来性大きい」と熱視線

今ではすっかり世界一。アプリだけでなく、ネット上の仮想的なアイテムに対する課金も増えています。高額支払いが問題になるくらいですからね。

Google Playも支払いをしやすくするために他の電子通貨と同じ様に額面のカードのコンビニ販売を開始したということでさらにアプリ市場は拡大しそうです。

いずれにしろ、仮想通貨はこれからしばらく注目ですね。

追記

まだ他にもたくさんあるらしいです。

Dogecoin:ミームから生まれた柴犬印の暗号通貨

広告を非表示にする