あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Amazonで今すぐ使えるクーポンGET !

アザコンって痣のコンプレックスかと思った

人目が気になる「アザコン」とは

他人「アザーOther」の意味なのですね。

私はまさにこれです。

他人にどう思われているかが気になります。

人間関係に悩んだり、いじめにあったりしたことが原因でしょう。

これが行き過ぎて病気になってしまいました。

このニュース記事は子育ての悩みを抱えるママ向けのようです。

実際、母親の育児、とくに子育てそのものではなく母親同士の人間関係からうつや対人恐怖症、ひきこもりになってしまうケースが少しずつ増えているようです。

女性の場合、家計は旦那さんが担っているのであまり顕在化しませんが、公園デビューから幼稚園、小学校と様々な段階で複雑な人間関係に晒されるため、実は結構、病気になってしまう人がいるみたいなのですよね。

ひきこもりが社会問題化したころには、既にそのような悩みを抱えた人の告白が特集番組の中で取り上げられていました。

社会が他人を気にしない人を良しとするようになるほど、他人を平気で傷つける人が増えてきて、他人へ配慮する人は減ってくるため、以前であれば普通の感覚の人ほど、気にしない人間に傷つけられるようになってしまいます。

ザコンは確かに深刻だと思います。

ただ、こういう記事はいつもそうですが、解決法がないですよね。

東京のごく一部のカウンセラーくらいしか扱っていないような治療法や、その対象の病気や概念は示されても、結局、どこへ行けばそれらの病気や悩みを取り扱ってくれるのかわかりません。

ほとんどの病院では薬の治療ばかりで話は聞いてもらえてもそれはカウンセリングではありません。

精神療法や認知行動療法をしているところは殆ど無いのが実状でそれは何十年前から変わっていません。

カウンセリングの重要性の方こそもっと指摘されるべきだと考えます。

広告を非表示にする