あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

100周年記念Suica販売中止で怒号。その理由は

有吉弘行、100週年記念Suicaに購入者殺到で販売中止になった件に呆れ「恥ずかしいぜ、あんなことで怒って」 | ... 【速報】ヤフオクで100周年記念Suicaがついに100億近く!超インフレ中 予想通り転売目的の人がたくさんいたということですね。 生活がかかっているんだから怒る。必死ですよ。 転売するかどうかはともかく限定販売で数も少ない、2013年のときと違って各地の複数の駅で買えるわけでもない、とすると混雑するのは当然だと思います。 Suicaなど交通系ICカード全国相互利用開始記念、各地で枚数限定カード発売! それも駅の構内で売れば、本来の駅の利用者もいるわけで混雑はさらに予想できたはず。 外野が終わった後なら何でも言えるというのはその通りですが、東京駅は以前にもプロジェクション・マッピングで同じような騒動を起こしているわけですからもう少し考えようがあったんじゃないかと思うのですが。 通常の駅利用者のことを考えれば、他の場所で販売するとかネットで予約して買えるようにするなどなぜ考えなかったのでしょうか? 東京駅100周年Suica、希望者全員に販売へ 転売目的の購入はJR側も本意ではないから結局こういうことに。 これから記念品を販売するときには限定販売するかどうかも考えなければいけないというのは大変だなとは思います。