あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Realtek RTL8192CUを使っている無線LANアダプタがPuppy Linux(TahrPupやXenialPup)でつながらない時の対処法(Ubuntu系ディストリビューションでも起こる)

うちで使っている古いマシンで使っているUSBタイプの無線LANアダプタではTahrPupの通信が不安定だった。

lsusb

とすると

Bus 001 Device 003: ID 2019:ab2b PLANEX GW-USEco300 802.11bgn Wireless Adapter [Realtek RTL8192CU]

と出てきた。

どうやらこれのようだ。

www.planex.co.jp

この無線LANアダプタは、有線から無線に変換することもできる無線LANルーターにタダでついてきたものだったと思う。

こんな感じのいわゆる「ホテル用WiFiルーター」などと言われているものだ。

調べてみると、RTL8192CUの無線LANアダプタはLinuxでは通信が不安定だとして有名らしい。

不具合を改善したものがあるらしく、これを自分でビルドしなくてはいけないようだ。

ここではTahrPup 6.0.6を例に、その手順を書いていく。

有線で接続するか

https://github.com/DebianDog/xenialdog/blob/gh-pages/rtl8192cu-dkms_0.2_all.deb

をインストールし

/etc/modprobe.d/blacklist.conf に

blacklist rtl8xxxu

をして再起動すると、不安定ながらもインターネットへの接続は可能になる。


訂正

Trusty Tahr(14.04)なので以下のdebファイルだった。

https://launchpad.net/~hanipouspilot/+archive/ubuntu/rtlwifi/+files/rtl8192cu-dkms_0.2~trusty_all.deb

また、TahrPupの32bitにはrtl8xxxuは無いようなのでblacklistには何も追加しなくても良いみたいだ。

しかし、通信が不安定なのは同じ。

訂正終わり


ネットにつなげるようになったら

http://distro.ibiblio.org/puppylinux/puppy-tahr/iso/tahrpup%20-6.0-CE/devx_tahr_6.0.6.sfs

をダウンロードする。

そしてカーネルソースもダウンロードする。

カーネルの確認は端末で

uname -r

として確認する。

TahrPup 6.0.6は3.14.79のはずである。

http://distro.ibiblio.org/puppylinux/pet_packages-tahr/kernel_sources-3.14.79-tahr.sfs

をダウンロードする。

この2つを/mnt/homeなどに置き(そもそも容量の関係もあるのでPuppyの個人データ用の場所にダウンロードするよりも最初から/mnt/homeへダウンロードする方が良い)、SFS-Loadでロードする。

Puppy Package Managerを開いて、リポジトリを更新する。

その方法は以下の記事に書いてある。

arekorebibouroku.hateblo.jp

更新したあと、「dkms」で検索してdebファイルをインストールする。

これを書いている時点では、dkms_2.2.0.3のはずである。

gitもインストールする方法もあるが、今回のビルド以外には使わないのでファイル群を直接ダウンロードする。

github.com

Ubuntuだと、そもそもリンク先にある方法をそのまま行えばうまくできるはず。

f:id:t_massann:20170704154854j:plain

上の画像のように「Clone or download」という緑のボタンからZipファイルがダウンロードできる。

これを解凍すると「rtl8192cu-fixes-master」というフォルダとその下にファイル群ができる。

一応、これを「rtl8192cu-fixes」にリネームする。

そして

dkms add ./rtl8192cu-fixes

とし、次に

dkms install 8192cu/1.10

として、ドライバーをビルドする。

それが終わったら

cp ./rtl8192cu-fixes/blacklist-native-rtl8192.conf /etc/modprobe.d/

とする。

終わったら、マシンを再起動する。

うまく行けば、wlan0が有効になり、ネットにつながるはずである。

今、試してみている範囲では通信は安定している。

同じような症状に悩んでいる人は試してみて欲しい。

お金に余裕があるなら、別のUSB無線LANアダプタを買うのが一番手っ取り早いとは思うが・・・。

今はハイパワーのものや5GHz帯を使える無線LANアダプタがあるし、そちらのほうが便利なことは間違いない。

広告を非表示にする