あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Amazonで今すぐ使えるクーポンGET !

Puppy Linux(TahrPup)でFirefoxを使う場合はPulseAudioをインストールする必要がある

Puppy Linuxに限った話ではない。

Firefox のバージョン52から音声ライブラリのALSAがサポートされなくなった。

そのため、ALSAしか入っていないLinuxディストリビューションはPulseAudioをインストールしないと音が出ない。

自分でコンパイルできる人は

--disable-pulseaudio --enable-alsa

を付け加えてコンパイルするとALSAを使うことができるらしい。

しかし、一般的では無いのでPulseAudioをインストールするのが正攻法である。

PuppyのパッケージマネージャでPulseAudioをインストールしてもいけるような気がしたが、確認してみたら何かのために入れたのだったか、すでにインストールされていた。

しかし、音声が出ず、FirefoxでPulseAudioをインストールするよう促す警告が出ていた。

改めて調べてみると以下のスレッドが見つかった。

Puppy Linux Discussion Forum :: View topic - Firefox52/Pulseaudio/No Sound (Solved)

Tahrの場合は、上のスレッドにある

pulseaudio-4.0-tahr606-i386.pet - Google ドライブ

から、pulseaudio-4.0-tahr606-i386.petをダウンロードしてインストールする。

もちろんこれは32bit版での話である。

Slackoなどでは以下のスレッドから

Puppy Linux Discussion Forum :: View topic - FireFox requires PulseAudio for sound; how to install?

http://smokey01.com/OscarTalks/pulseaudio-2.1-i486-w5.pet

をダウンロードすると良いらしい。

どちらの場合も

手動でデーモンを起動しないといけないらしい。

本当は他のほうが良いのかも知れないが、xinitrcに

pulseaudio --start

を書き加えて起動時に自動的にデーモンが開始されるようにした。

とりあえずこれで音は聞こえる。

Lubuntuでも標準ではALSAしか入っていないので、PulseAudioをインストールする必要がある。

arekorebibouroku.hateblo.jp


追記

以下のリンクにAPulseというソフトを使う方法が書かれている。

sakurapup.browserloadofcoolness.com • トピック - tahrpup用 apulse-0.1.8.pet(32/64bit) firefox52 PulseAudio対策

ここにあるpetファイルをインストールして、コンソールで

apulse firefox

などとすると音声が再生できる状態でFirefoxを起動できる。

デスクトップにあるショートカットで右クリックをしてメニューから「ファイル ‘ブラウザ'」->「テキストとして開く」を実行して/usr/local/bin/defaultbrowserをテキストエディタで開く。

#!/bin/sh
exec firefox "$@"

となっているのを

#!/bin/sh
exec apulse firefox "$@"

にすると、ショートカットをクリックするだけで音声が出力できる状態でFirefoxが起動する。

本当はスタートメニューにあるFirefoxの項目でも同様にしなくはいけないが普段はそちらを使わないのでそれは変更しなかった。

TahrPup標準ブラウザであるPaleMoonの場合はALSAがそのまま使えるようである。

ただし、PaleMoonではAbemaTVのサイトが真っ白になって見られないことがある。

またChromeChromiumALSAで音声が出力される。

こだわりがない人はブラウザの乗り換えを考えるのが一番簡単だろう。

2017/06/18 追記

Firefox 54からはAPulseを使う方法は使えなくなったようだ。

そしてパッケージマネージャーで確認したらすでにPulseAudio関係のファイルがインストールされていたと書いたがやはりそのとおりのようだ。

問題はコマンドが存在しないことらしい。

パッケージマネージャでpulseaudio-utils?(?はバージョン番号)とpulseaudio-module-x11?(?はバージョン番号)をインストールしてみた。

そうしたところpulseaudio –startというコマンドが打てるようになった。

上では.xinitrcに書いていたが、Puppyには「メニュー」の「システム」に「Bootup Manager」がある。

f:id:t_massann:20170618123323j:plain

「スタートアップアプリの管理」を選択する。

f:id:t_massann:20170618123437j:plain

「追加」タブを選ぶ。

f:id:t_massann:20170618123603j:plain

左のテキスト入力欄に「pulseaudio」と入力し、右側の入力欄の「Optional」を消して、代わりに「–start」と入れる。

そして、右側のボタンを押すとスタートアップアプリが新しく作られる。

この方法を使うのが正攻法だ。


広告を非表示にする