あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Android版Firefoxの不具合に困っているならAurora版を使ってみよう

Firefoxに限らず、Androidアプリはアップデートの度に不具合が起きて、その報告でGooglePlayのコメント欄が埋まりますね。

Firefoxでもそれは同じ。

つい先日のアップデートでもFlashを使ったゲームやコンテンツがあるサイトでのクラッシュが問題になっています。

ほとんどのユーザーは不具合があることが不満というよりも、すぐに対処されないので怒っているわけです。

私は個人的には前のバージョンに戻せる仕組みを提供するべきだと考えています。

現状でできそうなことは、前のバージョンのapkファイルのコピーをとっておいて自分でインストールしなおすことが最善でしょう。

次にできることは、少しアップデート頻度の多いベータ版を利用することです。

これもすでにしている人は多いでしょう。

それでも対処の遅さが気になる人はNightly版を使うという選択肢があります。

https://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/mobile/nightly/

centralと書かれてあるのが本当のNightly版で毎日更新されます。

auroraとあるのがベータ版より更新が早く、Nightly版よりは遅いというバージョンです。

api-9というのは、Android2.3あたりの古いOS向けのようです。

api-11は新しいバージョンのAndroid向けのようです。

x86IntelのCPU向けです。

下の方にある日付の無いlatestと書かれたものが一番新しいバージョンです。

l10nはlocalizationの略で各言語に対応したバージョンや言語ファイルのためのディレクトリのはずですが、中身はないので気にしなくて良いでしょう。

Nightlyは更新が頻繁にありますが、バグ修正だけでなく実験的な試みもしているので、不具合も多くなります。

Google Play版の不具合への対処が遅いことが気になるのなら、Centralを使うのは本末転倒になりかねません。

Aurora版がちょうど良いのではないでしょうか?

latest-mozilla-aurora-android-api-11というディレクトリから

https://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/mobile/nightly/latest-mozilla-aurora-android-api-11/fennec-41.0a2.multi.android-arm.apk

をダウンロードします。

multiとなっているのは既に多言語に対応していることを意味しています。

とりあえず、これを試してみるのはどうでしょう?

正式版、ベータ版、Aurora、Nightlyはそれぞれ独立にインストールされるのでブックマークやアドオンも別です。

面倒な点とも言えますが、使い分けができるメリットでもあります。

広告を非表示にする