あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

使っているFirefoxアドオン(addon)を紹介

2017/10/21 追記

 

バージョン57で旧式のアドオンが使えなくなります。

 

また、古いバージョンのときのプロファイルが悪さをする場合があるようです。

 

プロファイル新規作成と代替アドオンはこちらから

 

arekorebibouroku.hateblo.jp

 


 

2017/08/30 追記

Android版でもWeb Extension対応アドオン移行に伴ってうまく動かなくなっているアドオンがでてきているようです。

それに関してはこちらの記事をご覧ください。

 

arekorebibouroku.hateblo.jp

追記終わり

 


 

about:addons-memory

 

新しいバージョンのFirefoxでは使えなくなっているのでこちらを使いましょう。

 

about:addons-memory 2016 :: Add-ons for Firefox

 

使っているアドオンがどのくらいのメモリを使っているか調べられるアドオン。

 

アドオンによって使用されているメモリを整理して最小化することもできます。

 

くわしくはこちらの記事

Firefoxを遅くしているアドオンはどれだ!?メモリを食っているアドオンがわかるアドオン。

 

 

about:addons-memory Firebug

 

Webページの要素を調べたり、一時的に書き換えてテストすることができるツール。有名。

 

 

Click to Play per-element

 

Flashなどのプラグイン要素をクリックするまで読み込まないようにする機能「Click to Play」はFirefoxに標準で搭載されていますが、通常、クリックするとそのページにある全ての要素について読み込みが始まってしまう。

 

このアドオンは読み込みたい要素だけを有効にすることを可能にします。

 

 

S3.Google Translator

 

Google翻訳を使ってWebページの文の選択部分あるいは全部を翻訳してくれるアドオン。

 

以前は別のものを使っていたのですが一時美味く動かなくなった時に乗り換えました。

 

 

Stylish

 

通常はテーマをインストールすることでFirefoxの見た目を変更できます。

 

それ以上の細かい見た目を自分で変更したい場合にこのアドオンを使います。

 

 

User Agent Overrider

 

Webサイトにアクセスするときにブラウザやマシンの情報のいくつかがアクセス先に渡されます。それを使ってWindowsでアクセスしてきたのかMacでアクセスしてきたのか、FirefoxChromeかなどがアクセス先で判定されます。

 

場合によってWindowsで無くても、Chromeで無くても、ページやその中に埋め込まれた動画やFlashなどのコンテンツを表示することができるのに、判定によって警告が出てきて表示されないということが起こります。

 

その際にこのアドオンを使うとWindowsChromeでアクセスしたように装うことができます。 UserAgent Switcherのほうが有名ですが、一時期不具合があって使えなかったことや、こちらのほうが新しいUserAgentを自分で書き加えることが簡単にできます。

 

 

BetterPrivacy

 

Flashで保存される新たなCookieとも呼べるデータがあり、このデータによってプライバシーモードでブラウジングしていてもアクセス先のサイトは以前にどこのサイトにアクセスしていたかを知ることができる可能性があります。

 

このアドオンは、このFlash-cookies (Local Shared Objects, LSO)を削除したり、保存するかどうかを管理することができます。

 

 

Disconnect

 

広告やサードパーティの要素を読み込まないようにすることができるアドオン。

 

Adblockなどと一緒に利用すると効果的だと言われているようです。

 

TwitterボタンやFacebookの「いいね」ボタンなどを読み込まないようにできます。

 

それらのボタンが設置されているサイトを何も対策無しに訪れると、あなたがそのサイトを訪れたことをTwitterFacebookに知られてしまう危険があります。

 

関連記事

広告やSNS連携機能、クッキー追跡機能をブロックすることで高速化

 

 

µBlock

 

Adblock PlusAdblock Edgeよりもメモリを消費せず、Webページの読み込みを遅くすることがないと言われ、最近、注目されているアドオンです。

 

Adblock Plusが実は広告業者からお金を貰ってそれらの業者の広告についてはブロックしないようにしていることが問題視され、Adblock Edgeが登場しました。

 

しかし、Adblock PlusAdblock Edgeもメモリ消費が大きくWebページ読み込みも遅くしてしまい、「Firefoxが重い」と言われる原因となっていました。

 

もしかするとuBlockがその状況を打破してくれるかも知れません。

 

詳しくはこちら。上で紹介したaddons-memoryを使ってメモリ量を調べた結果も載せてあります。

 

[Firefox Addon]Adblock PlusやAdblock Edgeよりも軽いらしいuBlock

 

 

他にもインストールしたものはありますが、普段は無効にしていて使っていないのでここでは紹介しないことにします。

 

OSにUbuntuを使っている場合、「Ubuntu Firefox Modifications」というアドオンがインストールされていると思います。

 

これはタスクバーにFirefoxのメニューを表示するために使われるもののようですが、GNOMEKDELXDEなどを使っていてUnityを使っていない場合には必要ないので無効にしておくといいと思います。

 

他に便利なものがあれば、コメント欄で教えていただけると嬉しいです。

 

関連記事

 

Firefoxを遅くしているアドオンはどれだ!?メモリを食っているアドオンがわかるアドオン。about:addons-memory

Firefoxが重くなっている原因はAdblockのせいかも

[Firefox Addon]Adblock PlusやAdblock Edgeよりも軽いらしいuBlock

[追記あり]FirefoxアドオンのAdblock Adgeが開発を終了したらしいです。