あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Wikipediaの広域ブロック

Wikipediaを見ていたら、自分のIPからはWikipediaを編集できないことがわかりました。

編集履歴を見たらそのようになっていることに気がついただけで、別に編集する気はないのですが。

しかし、このブロック方法はどうなんでしょうね。

地方では、複数のプロバイダが結局のところ、OCNのサーバーを使わせてもらっていることがあります。

実際、私の住んでいる地域はそう。

うちの地域に割り当てられているIPでブロックすると、プロバイダにかかわらず、地域全部がブロックされてしまう可能性があると思います。

となると、この地域の情報は他地域の人が書くという事になりますね。

Wikipediaに書き込んだ人のIPをどうやって調べるのかよくわからなかったのですが、分かった範囲でIPを、また利用者のプロフィールから住んでいる地域を調べてみました。

私の住んでいる町の情報はほぼ他地域の人が書いているようです。

町出身の芸能人に増減があります。

新たに加えられるのはわかりますが、削除されたのは何故でしょう。

その人物について調べてみましたが、廃業したわけでもなく未だ活動中です。

町に一時住んでいただけで、生まれたわけではないという理由で削除された人もいますが、出身は確認できているのに何故か消されている人もいます。

不可解ですね。

Wikipediaが岐路に立っている?

協力者が減り、情報が偏っているというのは、日本でも同じなのではないでしょうか?

地元の人間が意図的に書き換える可能性ももちろんあります。

例えば、自分の企業を町を代表する企業として書き込むなどですが、その地域に住んでいない人が代表的企業を選んでいる根拠はどこにあるのでしょうか?

もともとその地域に住んでいる人に情報を更新する人がいなかったということも言えるかも知れませんが、だからといってこれから書き込む可能性を長い期間にわたって排除することが許されるでしょうか?

大手の百科辞典には載っていないような情報が網羅されているのがWikipediaの魅力の一つだと思いますが、その部分は大きく失われているような気がしますね。

ネットなどで話題になり、マニア受けする情報は載っていても、ある特定の地域にあるものやそこで活躍する人といった情報はWikipediaには掲載されなくなる可能性があるということですね。

興味深く見させてもらいました。

追記

一応、こういう問題が起こっていることも載せておきます。

Wikipediaを悩ませる「なりすまし投稿」とその黒幕ステマ会社「Wiki-PR」社とは?

Wikipediaの荒らしとの戦い「56人の管理者vs人形使い」

Wikipediaでの不適当とされる修正を数回繰り返す人を荒らしとして、ISPで対応するのは無理ですし、となるとWikipedia側で行わなくてはいけないのは仕方がないのですけどね。

しかし、不適当と決めるのは一部の力を持った人たちなんですよね。先ほどの地域の主要な企業の話のように誰がその情報を本当に適当でないと言えるのかかなり疑問です。

議論のやり取りは一応見ることはできますが、地域出身の芸能人が消えている件のような不可解さはやっぱり残ります。

広告を非表示にする