あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Amazonで今すぐ使えるクーポンGET !

テレビを普通に楽しめないようにしたAbemaTVの罪は重いと思う

最近、少し見る時間が減っているものの、AbemaTVをほぼ毎日見ている。

AbemaTVのコメントを見ているとある現象が起きていることがわかる。

AbemaTVで見た番組の続きの回や他の回が見たいという人は当然、数人現れる。

孤独のグルメ」は現在、地上波でシーズン6を放送中だし、YouTube公式チャンネルやGyaoでシーズン3が全話見られる。

美味しんぼはBS12で放送中だし、やはりGyaoでも見られる。

有料動画コンテンツ配信サイトのAmazonプライムビデオやHulu、Netflixでも当然多くの番組が見られる。

しかし、AbemaTVにハマった人たちはこれでは満足できなくなっているのである。

それはつまりコメントしながら見ることができないことである。

番組を見ながら、その時思った感想を書き込む者、それに共感、同意する者。あるいは反論する者もいる。

ちょっとシャレの効いた面白いコメントして、視聴している人たちの笑いを誘う者もいる。

今からご飯を食べる、コンビニに行くなどと番組と関係のない会話をする者だっている。

これらができない、見るだけの番組が物足りなくなってしまっているのだ。

物足りないという以上の不完全さを感じている人もいるかも知れない。

コメント機能の無い番組を集中して黙ってみていることが出来ないというのは、ちょっとした病気のような気もする。

しかしながら、私もそのうちの一人なのだ。

AbemaTVで『ビッグバン★セオリー』というコメディーを知り、ハマったのだが、CSのスーパー!ドラマTV。でこの番組の新しいシーズンの回を見た時に、面白かったことは面白かったのだが、コメントができない、見られないことに物悲しさを感じたのを覚えている。

arekorebibouroku.hateblo.jp

実況文化は昔からあって、2ちゃんねるが代表格だろう。

そのあとはツイッターもその役割を担い、金曜ロードショーの『天空の城ラピュタ』での「バルス」ツイートは有名だ。

地上波やBSであれば実況は可能だが、その他のネット配信サービスでの視聴の場合、同じ時刻に同じ番組を見ている人は多くないだろうし、そもそも何人いるのかも知ることはできない。

実況していても、ツイッターハッシュタグなどを検索しながら実況する人は多くないのではないか?

そうなるとフォローしている人の発言しか見られず、フォロワーしか自分の発言を見ていない。

さらには見ているとしてもフォローフォロワーでない人が、発言に返信するのは気が引ける。

これがいわゆる「FF外」というやつで「FF外から失礼します」などという最初のことわりの文句が必要になったりするのだ。

AbemaTVではそんなことはない。

NGワードはあるが大体どんなことも気軽に書くことができる。

荒らしの原因にもなるがこれは大切なことだ。

そして当たり前だが、そこでコメントをしているものは、そのチャンネルで同じ番組を視聴しているのだ。

AbemaTVを見ている人はもはやコメント無しで番組を見ることができなくなってしまっている。

普通なら単調でつまらない番組や、内容が過激だったり重くて見ていられない番組でもコメントをしながらだから見られるという人たちも少なくない。

AbemaTVでは同じ番組をこれでもかというくらい再放送しているが、コメントが毎回新鮮なために何度も見ている人たちがいる。

フルハウスやドキュメンタリーチャンネルの番組はいったい何回放送しているかわからないくらいだが、コメントが毎回おもしろくて楽しめる。

私は病気になって、記憶力がかなり低下したが、何回も見られることと、コメントをしながら見られることでエピソード記憶が残って、番組の内容を覚えていられるようになった気がする。

コメント機能とコンテンツ視聴の同時性はAbemaTVの大きな売りの1つだ。

これまでにその番組を見た人がコメントを残し、それを読むことができる機能はニコニコ動画にある。

しかし、これでは駄目なのである。

あくまでも同時に見たい、そのときの自分のコメントに対して反応が欲しいのである。

AbemaTVは見逃し配信やタイムシフト試聴を提供するAbemaビデオをリリースしている。

しかし、これはコメントが出来ないし、ニコニコ動画のような過去に見た人のコメントを見ることもできない。

私の想像だが、これを見る人は見逃した回を視聴して、次の回の放送時に皆で見てコメントをするために備えているのだろう。

もはや番組そのものを見る以外の動機が生まれているのである。

また、PCをTVに繋いだり、ChromeキャストやFireTVでAbemaTVを見ている人もいるが、やはりコメントをしたり見たりが難しいようだ。

大きい画面で見たいと思いながら、結局、スマホタブレットで見ている人が多いのにはこのような理由もあるようだ。

こんな風な実況中毒という病気を作ったAbemaTVの罪は本当に重い。

ああ、土曜日のトリック2の一挙放送を見逃してしまった。

素晴らしいことにAbemaビデオで各話無料で視聴できるが、やっぱりコメントできない、見れないという状態で見るのはつらい。

本当にこれは病気だ。

軽量Linuxにも64bitの波が。64bit版のPuppy Linux(TahrPup64,XenialPup64)でWineを動かす

世の中の多くのOSが64bitが当たり前になってきている。

モバイル端末のCPUも64bit対応が出てきて、Androidにも64bit版がある。

ChromeなどLinuxの32bit版はサポートが終了している。

アプリケーションでも32bit版がないものがこれから増えるだろう。

時代の流れは64bitなのだ。

しかし、古いマシンを蘇らせる軽量Linuxには32bitが主流のものがまだある。

Puppy Linuxはその1つ。

古いと言っても多くのPCはCPUが64bitに対応しているし、UEFIは製品で例外があるらしいが基本的に64bit対応で32bitは非対応であることもあり、時代の流れで64bit版も作られてはいる。

しかし、Puppy Linuxの64bit版は提供されているアプリが少ない。

Wineもその一つ。

そんなときの救世主的パッケージに、SFS-loading the 32-bit compatibility SFSというものがある。

これをインストールというかSFSロードすれば32bitのアプリケーションを動作させることができるのだ。

TahrPup64にはQuickpetがあってそこからインストールできるようだが、試してみたXenialPup64にはQuickpetがなかった。

以下から直接ダウンロードする。

TahrPup64はここ。

Index of /puppylinux/pet_packages-tahr64/

ここの32bit_compatibility_libs_tahr64.sfsをダウンロード。

XenialPup64の場合はこちらから。

Index of /puppylinux/pet_packages-xenial64/

32bit_compatibility_libs_xenial64.sfsをダウンロードする。

「SFS-Load on-the-fly」で32bit_compatibility_libsをロードする。

そのあと

ldconfig

コマンドを端末で実行。

しばらくかかる。

ldconfigと端末で実行するのが面倒という人はいないだろうが、端末操作に不安がある人はOSを再起動しても良いだろう。

完了したらWineをダウンロード、インストールする。

http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtopic.php?f=25&t=2714&p=20423&sid=6c336e5a10533425431d97a38ea6035c#p20285

ここの一番新しいWine_MyPortable_1.7.37_P4.tar.gzを使うことにした。

ダウンロードしたら適当な場所に展開。

最近のPuppy Linuxはfrugalでも個人データがフォルダ保存が標準なので/mnt/homeにこだわる必要はないだろう。

でも、/mnt/homeに置けばTahrPup64やXenialPup64など複数の64bit版Puppyから共通で利用できるかも知れない。

解凍してできたWine_MyPortable_1.7.37_P4というのはフォルダでありながらROX-FilerというPuppy Linuxのファイルマネージャーの機能を利用したアプリでもある。

クリックすると以下のWineを利用したランチャーが起動する。

f:id:t_massann:20170618180445j:plain

Wineの設定を行うwinecfgを起動した様子。

f:id:t_massann:20170618180942j:plain

すでにいくつか最適化のための設定が行われているようだ。

ランチャーからWineのファイルマネージャーを使って実行したいWindowsのexeファイルを探して実行する。

Windows用のオセロゲームを起動した様子。

f:id:t_massann:20170618182142j:plain

大体のアプリケーションはこれで起動できる。

しかし、対局が終了したあとエラーを起こしてしまった。

f:id:t_massann:20170618182745j:plain

完全ではないようだ。

だが、これでとりあえず64bit版のPuppy LinuxでもWineを動かすことができた。

今回はXenialPup64を新たにインストールして試した。

TahrPupもベースとなっているUbuntuのバージョンが14.04で3年前になる。

すでにこのような問題が起きている。

arekorebibouroku.hateblo.jp

この問題の場合、有志が14.04用にアップデートしたものをPPAで公開していたものを使って解決できた。

64bit版である必要はないが、そろそろ新しいバージョンのPuppy Linuxへ移行したほうが良いかも知れない。

インストールしたマシンは相当古いがAMDのCPUはかなり昔、Intelよりも早く64bitに対応していたので64bitのOSを利用することができるのだ。

5年くらい前のPCなら64bitのOSを選択肢として考えるのは普通だろう。

前述の通り、UEFIの問題もあるし。

arekorebibouroku.hateblo.jp

DRMコンテンツが見られなくなったのももしかすると32bit版のせいかも知れないのだ。

XenialPup64のFirefoxではAbemaTVのDRMコンテンツを見ることができた。

軽量OSと言っても64bit版を検討する時期に来ているのかも知れない。

しかし、USBの無線LANアダプタなどで問題が起きてTahrPupの32bitのものを使ってみたりしないとそもそもネットに接続できないなど、しきいが高い。


追記

DebianDogのXenial Xerus(16.04)ベースであるXenialDogに同じパッケージがあったのでこちらに変えてみた。

中身が違うのかどうかはわからないが。

xenialdog/rtl8192cu-dkms_0.2_all.deb at gh-pages · DebianDog/xenialdog · GitHub

このあと(前でも良いだろうが)/etc/modprobe.d/blacklist.confに

blacklist rtl8xxxu

を追加する。

追記終わり


一応、つながったが頻繁に接続できなくなり、Frisbeeでネットワークの再起動をして対応している状態で不安定だ。

無線LANルーターを買い換えたのでそのせいかも知れないが、他のPCやタブレットよりもかなり頻繁に起きているので多分、このマシンのOSのせいだろう。

シャットダウンも個人データのセーブやunmountまではできるようだが電源が落ちないので電源ボタンを押し続けて強制的に終了させている。

移行すべきかどうか悩ましいところだ。

前にも書いたがインストールがパーティションを切ったりすることもなくでき、さらにはフォルダ分けをして複数のバージョンを共有させられるので完全移行することもなく、トライも簡単なのはPuppy Linuxの魅力である。

arekorebibouroku.hateblo.jp

arekorebibouroku.hateblo.jp

しばらくは複数のバージョンを使って様子見することになるだろう。

Puppy Linux(TahrPup)でDRM付きの映画やドラマが見られなくなっていた

今日は15時から23時すぎまで2000年放送のTRICKトリックが放送されている。

DRM付きの動画ということでWindowsMacでも見られないというコメントが相次いでちょっとした混乱状態になっていた。

Win7なら見られるはずだが、Vista以前ではFirefoxでは見られなかったと思う。

Chromiumはどうかわからないが。

古いマシンでも、Linuxなら見られるはずだと思い、試してみた。

期待は裏切られ、黒い画面でメニュー以外、何も表示されなかった。

前は見られていたと思うのだが、Firefoxで見られなくなっていたのである。

「設定」-「コンテンツ」-「DRMコンテンツ」の「DRMコンテンツを再生」にチェックを入れていて、Widevineのプラグインも入っているのだが…。

しかたがないのでChromiumの方で試してみたが、こちらでも再生できなかった。

ちょっと調べてみたら、TharPupにインストールしたLxPupのChromiumにはWidevineプラグインは含まれていないようだ。

本来は含まれないPepperFlashは含んだパッケージを配布しているのにWidevineを含んでいないのは不思議だ。

別に用意されていた。

ja.osdn.net

ここの「Other」-「chromium」-「widevine」以下にある。

うちの環境では32bit版のTahrPupを使っているので当然Chromiumも32bit版だ。

だからWidevineプラグインも32bit版になる。

これを書いている時点での最新版は「chromium-widevine-plugin-48.0.2564.116-i386-1alien.txz」のようだ。

これをダウンロードした。

TahrPupではこれをダブルクリックすると警告というか確認のダイアログが出るがそのままインストールすることができる。

インストールのあと、Chromiumを起動してAbemaTVを見てみたらDRM付きの作品を見ることができた。

2006年製のノートPCでDRM付きコンテンツを視聴することができるというのはちょっと感動的だ。

見られないという人は試してみて欲しい。


追記

Lubuntu(Ubuntu)の方のChromiumでAbemaTVのトリックを確認してみたら見られなかった。

こちらはPepperFlashも含まれておらず、別にインストールするのだからWidevineが含まれていなくて当たり前といえば当たり前だ。

ちょっと探してみた限りでは、WindvineプラグインUbuntu用には単体で配布されていないようだ。

LxPupから拝借することにした。

インストールと言っても.soファイルをChromiumから見られるパス、単純にChromiumがあるディレクトリに入れれば良いだけだ。

調べてみたらlibwidevinecdm.soというファイルはすでに存在していた。

しかし、サイズが全然違う。

元々あるものは12KB程度しかなく、インストールしようとしているものは8MBもある。

ファイルを置き換えてみたが、再生できなかった。

何が違うのだろうか…。

ChromiumそのものをLxPup配布のものと入れ替えてみれば動くのかも知れない。

そのあと、いろいろ試してみた結果はここに情報として追加した。

arekorebibouroku.hateblo.jp

売れすぎて出荷停止になったというクラフトボス ラテを飲んだ


headlines.yahoo.co.jp

 サントリー食品インターナショナルは16日、ペットボトル入りコーヒー飲料「クラフトボス ラテ」の出荷を一時休止すると発表した。13日に発売したばかりだが、想定以上の売れ行きで供給が追い付かないため。再開時期は未定。

 ラテは、4月発売の「クラフトボス ブラック」の2倍の水準の売れ行きだという。同シリーズは、ペットボトルという目新しさやデザイン性で人気となっている。 

人気なんだそうだ。

13日に発売したばかりなのに売り切れとは相当だ。

デザインが良いから売れたのでは?などと書かれている。

たしかにボトル型でもコーヒーと言えばほぼ缶だ。

そんななかでペットボトルはめずらしい。

BOSSの字やロゴマークが浮き彫りになっているのがガラス瓶っぽいところがうけているのかも知れない。

実は偶然にこの「クラフトボス ラテ」を飲んだ。

近くのセブンイレブンで50円引きで売られていたからだ。

これがセブンイレブン全店で行われていたのか、地域・エリアごとなのか、それとも各店の裁量に任されているのか、私は知らない。

しかし、全店やエリアで行われていたのなら、この販促も大きく売れた要因の1つかも知れない。

味のほうだが、それほど美味しくはなかった…。

名前からしてBOSSの本格的なバージョンだと期待していたから、期待外れで普通以上においしく感じなかったのかも知れない。

実はこれを牛乳で割って飲むと美味しい。

そのまま飲むのなら「がぶ飲みミルクコーヒー」の方がおいしいかも知れない。

個人的にコーヒーと牛乳の配合の割合が好みじゃなかったのかも知れない。

出荷停止になったということもあって、上のAmazonの商品ページを見ると高値になっている。

ちょっと前までは24本入りで3000円前後だったのに、これを書いている時点で5,980円だ。

それでも現時点で残り5点。

欲しい人はいるんだな。

商品ページの説明を見ると、25年のボスの製造・販売の歴史で培われた技術を使って最高の味を追求したらしい。

複数のコーヒー豆からのコーヒーをそれぞれ別の方法で抽出し、ブレンドして作られているとのことだ。

その工程は200を超えるという。

随分、手間がかかっているようだが、やはり好みの味では無かったのは変わらない。

上で書いた通り、牛乳で割ったほうがおいしかった。

であれば、作り方はちょっと違うのかも知れないが、上の「クラフトボス 無糖ブラック」を買って、好みの割合で牛乳で割って飲んだほうが美味しいかも知れない。

こちらのほうが安いし、こちらは売り切れとか出荷停止にはなっていないのだろう。

近くのコンビニなどでクラフトボスのラテがない場合は、無糖ブラックを買ってみてはいかがだろうか?

しかし、くれぐれも期待し過ぎないように…。

あと、眠気覚ましに飲むようなものでは無いと思う。

あまりカフェインが効いている感じはしなかった。

お茶もそうだが、コーヒー飲料は本当に増えたなと印象だ。

コンビニでもたくさんのコーヒー飲料がある。

個人的にはこれとお茶があることでジュースの品揃えが少なくなるのはちょっと残念だが…。

野際陽子さんが亡くなった。

b.hatena.ne.jp

ツイッターではTRICK(トリック)の思い出について語るつぶやきが多くてトレンド入りしていた。

twitter.com

自分も今月最初の日曜日にBS朝日で放送されていたトリックのスペシャルを見ていたのでそのイメージが強く残っていた。

しかし、報道ステーションではトリックの映像は一切使われていなかった。

版権の問題だったのかも知れないが、ちょっと残念だった。

実はとてもタイムリーなのだが、今週の土曜日、AbemaTVで2000年のトリックが全話一挙放送される。

15時から23時24分までだそうだ。

脱落せずに全話見られる人はいったい何人いるだろうか・・・?

TRICKシリーズの最終回で、シーズン1の山田奈緒子上田次郎が出会うシーンが再現されている。

仲間由紀恵の顔が随分違って見える。

老けたというよりも若い頃はもう少しキツイ顔をしていたんだなと思った。

AbemaTVで放送される『トリック 2000年版』を見てから『トリック劇場版 ラストステージ』を見ると感慨深く見ることができるだろう。

全話見られなくてもこれを見て、野際陽子さんを偲んではいかがだろうか?