読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Android-x86 CM 13.0-r1の32bit版を試してみることに

android android-x86 PC パソコン

arekorebibouroku.hateblo.jp

Android MarshmallowベースのAndroid-x86 6.0-r2が出たので64bit版を試してみたのだが、EFI用のブートローダーであるGrub2がインストールされないほか、手動でインストールして起動してもアプリがダウンロードできないなど不具合が多く使えなかった。

32bit版を試してみようと思ったところで、ちょうどAndroid-x86のCyanogen Mod版であるAndroid-x86 CM 13.0-r1が公開されていたのでこちらの32bit版を試して見ることにした。

ReleaseNote CM-x86-13.0-r1 - Android-x86 - Porting Android to x86

リリースノートにあったCyanogenModについての情報のリンクが切れていたので何事かと思っていたらどうやら2016年の12月31日をもってサービスを終了したらしい。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1612/26/news047.html

サービスを終了した記事のリンクをそのまま載せているのはちょっとまずいと思った。

ITMediaの記事にあるとおり、CyanogenModベースのOSのCyanogenOSからフォークされたLinegeOSというものがあり、ブログもできているようだ。

Lineage OS – Lineage OS Android Distribution

さて、Android-x86 CM 13.0-r1をインストールしてみた。

インストール自体はスムーズだった。

だが、CyanogenModのロゴ画面から進まなかった。

30分以上まったのでデータ領域の初期化に時間が掛かっているからではなさそうだ。

VirtualBoxでLiveCD起動してみた。

ロゴの次の画面にはなるが初期設定の段階でWiFi接続を探すところで強制終了することがあるようだ。

こうなるとロゴ画面と初期設定画面をいったりきたりするばかりで先へは進まない。

この他にも幾つかの設定画面をスキップしないと先へ進まない。

とりあえずは動いたので幾つか試してみた。

f:id:t_massann:20170119234257j:plain

標準のブラウザがちょっと違うものみたいだ。

アイコンが違うだけでAndroid 6.0のブラウザなのだろうか?

f:id:t_massann:20170121013754p:plain

GelloというCyanogenModの独自ブラウザがあるらしいが、それとは違うみたいだ。

アプリ一覧(ドロワー)が標準のAndroidとは異なるのは上の画面を見ての通り。

テーマ選択や音楽、ファイルマネージャーなど独自のアプリが加わっている。

その他にはあまり違いを感じない。

CyanogenMod自体、かなり昔にスマホに入れてみたことがあるだけで、それ以来使っていないのでどのような違いがあるのかあまり理解していない。

スマホタブレットなどだと最適化の効果を感じるのかも知れないが、十分に高速なPCでは細かい違いはわからないのかも知れない。

CyanogenMod、Android-x86に共通しているが2本指でのスクロール時に画面上にタッチした指を示す丸い印が表示される。

f:id:t_massann:20170121014106p:plain

上の画像の中央、少し右側にあるものがそうだ。

これは開発者モードでタッチした場所を表示する設定で現れるものと同じだが、これが設定してもしなくても表示されてしまう。

6.0-r2というのは安定版の2つ目のリリースということになるが、その割には不具合が多い印象がある。

AbemaTVは動いたが、DlifeもGyaoも動かすことができなかった。

以前のバージョンでは動いていたアプリの幾つかも起動できなかった。

バージョン7が出ている状況でそれを使うのは残念かも知れないが、4.4(KitKat)を利用する方が安心して使えるのではないだろうか?

断食生活4日目、3日に1回食事をとる方式に切り替え

断食 絶食 不食

昨日、頭の痛みや太股の違和感が出てきたので、食事をした。

3日に1回、食事をするという断食生活に切り替えた。

もちろん、3日以上耐えられたら少し伸ばしてみるつもり。

最長でも9日ほどしか断食を続けられたことがないので、できればもう少し伸ばしてみたい気持ちもある。

榎木孝明さんはよく30日も続けられたものだと思う。

前にも書いたが、榎木孝明さんは30日間の不食をして前半に9kg痩せたあと、体重が安定して、それ以上減らなくなったそうだ。

完全、絶食をせずに少しずつ食事を取ると、かえってみるみる痩せていき、餓死してしまうなどと説いている断食の専門家の話も何かで見たことがある。

痩せることが目的なので痩せるまで緩やかにでも断食生活が続けられることが重要なので私にとっては30日間連続ですることに意味はない。

でも、ちょっと挑戦してみたい気持ちはある。

2週間くらいは達成してみたい。

でも無理だろうな。

とりあえずまた3日間続けることが当面の目標だ。


蛇足

今日、『ホンマでっかTV』を見たら朝日デジタルの記事が取り上げられていた。

「疲れたときには甘いもの」がNGな理由とは? - Digital PR Platform - 朝日新聞デジタル&M

疲れているときに甘いものが欲しくなるが、甘いものをとるとかえって体が疲れやすさを感じるようになるらしい。

これは断食とは関係ないが、断食をすると確かに妙な体のだるさがなくなる。

しかし、当然だが長続きはしない。

バランスが難しいのである。

(追記:64bitには不具合があるみたい)Android x86 6.0(Marshmallow)-r2が公開。マルチブートを可能にするRPMパッケージあり

PC パソコン android android-x86 Windows

Android-x86の新しいバージョン、Android-x86 6.0-r2 (Marshmallow-x86) が公開された。

www.android-x86.org

カーネルが更新された他、WiFiサスペンド/レジューム問題の改善があるようだ。

注目すべきはISOファイル意外にRPMファイルが一緒に公開されていることだ。

これを使うと既存のEXT4パーティションに「android-6.0-r2」というサブディレクトを作ってそこにファイル群をインストールし、Grub2の起動設定ファイルも更新することでマルチブートが可能になっているようだ。

インストーラーを使っているのでインストール、アンインストールが簡単だと思う。

rpmファイルなのでそのままではRedHat系のディストリビューションでは使えないが、alienコマンドを使うことでDebian/Ubuntu系でもインストーラーを実行することができる。

$ sudo apt install alien
$ sudo alien -ci android-x86-6.0-r2.x86_64.rpm

試していないのでなんとも言えないが、LinuxディストリビューションでGrub2の情報が更新された時、例えばカーネルが更新された時にGrub2も書き換えられるが、この時にAndroid-x86の情報が消えてしまうことはないかどうか、ちょっと心配だ。

バージョン7(Nouget)になるとマルチウィンドウ機能が標準搭載になっているのでバージョン7(Nouget)の登場を期待したいところ。

x86が搭載されているAndroid端末でWindows用のexeファイルが実行できるCrossOver for Androidというものがベータ版として公開されている。

arekorebibouroku.hateblo.jp

arekorebibouroku.hateblo.jp

もちろんAndroid-x86でも使うことができる。

これがあればWindows 10へのアップデートができないWindows XPWindows Vistaが搭載されていたPCもAndroid-x86をインストールして復活させる、などということもできるかもしれない。

古いPCを手に入れてそういうことをしてみたい気分。

使っていない眠っているPCがある人は挑戦してみてはどうだろうか?

追記

64bit版を使ってみたがLiveCDでは起動できるものの外付けHDDにインストールしても動かなかった。

インストーラーにそもそもGrub2をインストールするかどうかを質問するメニューが無い。

本来なら

Do you want to install EFI GRUB2?

というインストールを促す項目があるはずなのだ。

Ubuntuなどを使って手動でインストールできないものだろうか?

USB HDDにMBR/EFI両ブート可能なUbuntuイメージを作る方法 - bellbind

qiita.com

ここの方法を使って、UEFI起動することはできた。

しかし、Google Playでアプリをダウンロードはできるが、インストールへ進まない、ブラウザやYouTubeが起動したあとフリーズするなど全くうまく動かなかった。

64bit版だったからかも知れない。

あとで32bit版を試そうかとも思う。

前に試したのは32bit版だったので、32bit版ならまともに動くのではないかと期待する。

Android-x86 4.4にはGrub2がインストールできるようなのでこれを利用してGrub2をインストールし、その後6.0-r2をインストールするという方法でもいけるかも知れない。

android-x86 - Browse /Release 4.4 at SourceForge.net

もし、これができればこちらのほうが手間はかかるが簡単だろう。

もちろんEFIパーティションにできたGrub2のgrub.cfgを書き換える必要がある。

試行錯誤を繰り返す場合、インストーラーでデータ領域のイメージdata.imgを作るのは時間がかかる。

32Mなど小さめに作っておいて、そこから起動すること無く、いったんWindowsLinuxで起動して、data.imgを手動で作るかネットにある空のdata.imgをダウンロードしておいて、それをコピーして使うのが良いだろう。

以下の記事にその方法を書いている。

arekorebibouroku.hateblo.jp

すでに出来上がった空のdata.imgは以下にある。

Data.img files - Google ドライブ

gzファイルになっているので解凍する必要がある。

Grub2のコンフィグのカーネルオプションでvgaを指定しても無視されるのかうまくいかないようだ。

こちらも合わせて見て欲しい。

arekorebibouroku.hateblo.jp

断食2日目、HDDケースが届いたのでハードディスクを取り付ける。

断食 絶食 PC パソコン

昨日、実は断食したといいながら、ちょっとお菓子を食べてしまった。

今日は固形物は摂っていない。

私は膵炎などの患者のような絶飲食は無理なので、飲み物は自由に飲んでいる。

今日は牛乳とコーヒー、アルコールを飲んだ。

酒を温めて飲むと体も温まる。

アルコールは血糖値を下げるのであまり良くない。

食欲の増進につながったり、頭痛の原因になる。

しかし、この時期に断食をすると体が冷える。

絶食をすると短期的には脂肪が燃えて代謝が上がるが、長期的には代謝が下がることもある。

脂肪を燃やさないと生命を維持できないから代謝が上がらざるを得ないような気もするが、若い頃ならともかく、ほとんどの年代では代謝は下がるのではないだろうか?

実際、絶食がある程度の時期に達すると体重の減りが安定してくる。

体重があまり減らなくなるのである。

不食を実行した榎木孝明さんも9kgほど落ちたあと、それ以上体重は減らず安定したようである。

arekorebibouroku.hateblo.jp

水、コーヒーと飴だけで体重が減らなくなるというのは不思議なことのはずなのだが、実際そのようになったという証拠が彼自身なのである。

私もそのような経験をしている。

少しでも何かを口に入れていると「なんだ、食べているじゃないか!」という人がいるが、栄養学、医学的には説明できないはずのことが起きているのだ。

昨年、ノーベル賞を獲ったオートファジーの研究というのがあるが、細胞内で栄養が再利用されているのかも知れない。


さて、今日、内臓HDDを外付けとして使うためのケースが届いた。

つけてみたが、片側のネジ穴がコネクタ部とケースの間でずれていてきちんとはまらなかった。

新しくネジ穴を作って無理矢理、ネジをしめてみた。

壊れたPS3から取り出した20GBのものだから高いものを買う必要はなかったのだが、良いものを選んだほうが良かっただろうか?

HDDをケースに入れるのに工具が必要ないものもあるし、USB3.0対応でUSB3.0コネクタに繋げば高速に読み書きできる上にバスパワーもそこから供給されるようになる。

USB2.0にしか対応していないと、ケーブルをコネクタに2つ差して電力をとるため、USB2つ分が埋まってしまう。

ケースの無いSATA-USB変換アダプタというものもあるが、ACアダプタで電源供給するせいかケースよりも高い。

USBバスパワーのものでもやっぱりケースより高い。不思議だ。

それほどの容量でも読み書き速度があるHDDではないのでもったいない気もするので今回買ったもので満足することにした。

PS3は独自フォーマットで中身を見ることはできないので、GPartedでそのままフォーマットした。

これに何かOSをインストールして使おうかと思う。

そう思って調べてみたらAndroid X86の新しいバージョンが公開されていた。

ReleaseNote 6.0-r2 - Android-x86 - Porting Android to x86

これをインストールするのも良いかも知れない。

Nougat(バージョン 7)はまだのようである。

今回、公開されたバージョンをベースにしたRemix OSがもうすぐ出てくるかも知れない。

それとも前のマシンでうまく動かなかったChromium OSをインストールして見るのも面白いかも知れない。

ChromeOSではないので、Androidアプリは動かないだろうから、あまり使いみちが無さそうではあるが。

古いパソコンやゲーム機、HDDレコーダーを廃棄したり、売るときに中に入っている個人情報が不安だという人もいる。

そういう人の中にはハードディスクを取り外す人も少なからずいるはずだ。

そうなったときにその取り外したハードディスクの使いみちに困っている人もいるかもしれない。

内臓HDDを外付けHDDに変換するケースはそんなときに便利である。

上に紹介したもの以外にも据置きにするケースや、複数のHDをつなげて大容量ドライブとして使うケースなどもあるので、たくさんハードディスクがある人はAmazonなどで探してみると良いだろう。

Android版Firefoxをインストールしたら行う設定、インストールするアドオンなど

Firefox Addon Flash android android-x86 firefox javascript mozilla ブラウザ・ネット bookmarklet ブックマークレット

いろいろと設定したので、端末をリセットしたり新しくスマホタブレットを買った時のために備忘録として残しておく。

AndroidFlash Playerプラグイン

Android標準のブラウザやChromeなどではFlash Playerプラグインは使えない。

動画、ゲームなどFlashコンテンツが使えないと不便なことがある。

Firefoxでは今でも使えるのでインストールする。

アーカイブ版 Flash Player の提供について

上のページの「Android 4.0 用の Flash Player バージョン」という項目を探す。

最終版である「Flash Player 11.1 for Android 4.0 (11.1.115.81)」をダウンロードする。

直リンクは以下。

Flash Player 11.1 for Android 4.0 (11.1.115.81)

スマホタブレットの「設定」の「セキュリティ」で「提供元不明のアプリ」のチェックを入れ、Google Play以外のところからアプリをインストールできるようにする。

ファイルマネージャーでダウンロードしたAPKファイル"install_flash_player_ics.apk"を探してインストールする。

AndroidFlash Playerプラグインはすでに開発、サポートが終了しており、セキュリティアップデートもない。

すでに色々なセキュリティ上の問題があるはずなので、あくまでも自己責任でインストールしてほしい。

テキスト入力欄、フォームにフォーカスが移った時のズームを無効にする

Firefoxの機能で、テキストボックスやテキストフィールドなどがあるページでは、ページ読み込み完了後、フォーカスがそのフォームに移動する。

Androidではフォームにフォーカスが移ると入力しやすいようにするためだろうか、画面がズームする。

便利のためにやっているようだが、入力する気がないときにズームしてしまって、ページ全体が見渡せなくなったり、ページ読み込み完了を待たずしてリンクをタップしようとした場合に別のリンクが選択されてしまうなど、不便なだけである。

アドレスバーに「about:config」と入力する。

画面右上の検索欄に「formhelper.autozoom」と入力する。

「formhelper.autozoom」が"true"になっているのを"false"にする。

「about:config」はときどき操作することがあるのでブックマークに入れておくと便利。

インストールするアドオン

Phony

ユーザーエージェントを偽装するアドオンである。

OS判定で利用できないサイトを利用したり、PC上のブラウザを利用した時のページが見たい場合に利用する。

Phony :: Add-ons for Android 版 Firefox

「デスクトップ版」を利用するとPC用のページが表示される。

しかし、これはLinux上のブラウザを偽装しているので、OS判定で利用できない場合がある。

その場合は「about:config」で「useragent.override」を探すか、無い場合には新規作成してユーザーエージェントを表す文字列を入力する。

ユーザーエージェント一覧は以下のサイトから探すのが便利。

歌うキツネ : User-Agent (ユーザー エージェント) 一覧

例えばWindows 10 64bit版の上で動作しているFirefox 32bitであれば

Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; rv:50.0) Gecko/20100101 Firefox/50.0

である。

上のサイトは便利だが、残念なことに「2016年9月末 更新停止」となっているので新しいバージョンのブラウザのユーザーエージェントの情報は書き込まれることはなくなると思うので注意。

Desktop by Default

通常は上のユーザーエージェントの設定でPC用のページを表示させることができる。

しかし、バージョンアップされた場合に、これではうまく動かなくなることがある。

その場合でもメニューにある「PCサイトモード」のチェックをONにするとPC用のページを見ることができる。

ただ、ページを開くたびに「PCサイトモード」で再読み込みし直すのは面倒だ。

その時のために入れるのが「Desktop by Default」というアドオン。

Desktop by Default :: Add-ons for Android 版 Firefox

常にPCサイトモードで開くようになる。

uBlock Origin

広告ブロックをするアドオンである。

PC版が有名だがAndroid版もあるので便利。

uBlock Origin :: Add-ons for Android 版 Firefox

uBlockとuBlock Originの違いはこちらの記事を読んで欲しい。

arekorebibouroku.hateblo.jp

QuitNow、CleanQuit

Androidはアプリを切り替える場合に、バックグラウンドのアプリは自動的に停止、メモリ状況によって終了する仕組みになっているので、Firefoxに限らず、Chromeでも手動で終了するメニューはない。

それでも手動で終了したいと思う人はやはり少なくないようで、そのためのアドオンがある。

QuitNow :: Add-ons for Android 版 Firefox

これをインストールするとメニューに「終了」もしくは「Quit」の項目ができる。

もう一つ、インストールすると便利な終了操作アドオンに「CleanQuit」がある。

CleanQuit (Mobile) :: Add-ons for Android 版 Firefox

終了時に閲覧履歴やサイトごとの設定、クッキー、セッション情報などを削除するアドオンである。

これも入れておくと便利である。

Toggle JavaScript Enabled

Javascriptをオン・オフ切り替えをするアドオンである。

滅多に使うことはないが、時々Javascriptを無効にしてページを表示させたい時がある。

アドレスバー右側にアイコンができるのでそれをタップすることでオンオフを切り替える。

簡単に切り替えできて便利。

Tap Translate

Tap Translate :: Add-ons for Android 版 Firefox

英語などの単語、文章を翻訳することができるアドオン。

ページ上の文字列を長押しして単語を選択し、上に表示された切り取り、コピー、貼り付け、共有などのボタンとともに表示される「…」が縦になっているボタンを押すと「Translate」という項目が現れる。

これをタップすることで翻訳された単語、文章がアドレスバー下にポップアップされる。

これもあると便利。

PDF Viewer(pdf.js)

AndroidではPDFファイルはダウンロードして、PDF閲覧用のアプリで開くのが標準。

PCと同じようにFirefox上でPDFファイルを閲覧したい時に使うアドオンである。

PDF Viewer(discontinued) :: Add-ons for Android 版 Firefox

Firefox Add-onの公式配布サイトではdiscontinuedになっている。

以下で新しいバージョンが使えるようだ。

GitHub - mozilla/pdf.js: PDF Reader in JavaScript

ここのページの「Development Version」のリンクがアドオンのファイルである。

直リンクは以下。

Development Version

当然のことだが、メモリが十分にないと表示は遅くなり、最悪の場合、クラッシュしてしまう。

スマホタブレットのメモリは2GB以上あるのが望ましい。

Speed Tweaks (SpeedyFox)

Firefoxの通信速度、ページ表示速度を上げるための設定を一度に行うことができるアドオン。

Speed Tweaks (SpeedyFox) :: Add-ons for Android 版 Firefox

PC版ではSpeedyFoxという名前でアドオンが提供されている。

View Source Mobile

AndroidFirefoxでもページのソースを見ることは可能だ。

View Source Mobile :: Add-ons for Android 版 Firefox

メニューに「ソースを表示」という項目ができる。

なお、このアドオンを使わなくてもソースを見ることはできる。

アドレスバーをタップし、URLの先頭に"view-source:"を追加してエンターでソース表示される。

ブックマークレット

AndroidFirefoxでもブックマークレットが使える。

Web小説を縦書き表示するブックマークレット

竹取Webを利用したブックマークレットである。

竹取 Web

ブックマークレットは以下のリンクを長押しして「リンクをブックマークする」で登録できる。

縦書きで表示する

見た目の確認は以下の記事で見ることができる。

arekorebibouroku.hateblo.jp

スタイルシート(CSS)を利用して縦書きにすることもできる。

青空文庫のページをこれを利用して縦書きで見るブックマークレットはこちら。

青空文庫を縦書きで見る

使うと下の画像のようになる。

f:id:t_massann:20170116003112p:plain

あとは画面をズームして本文が画面いっぱいになる状態で読めばよい。

スタイルシートを変更する方法を使えば、リーダーモードで縦書きにすることも可能だが青空文庫の作品ページではリーダーモードを有効にするためのアイコンが出てこない。

手動でURLを書き換えると使える。

表示されているページのアドレスバーをタップしてURLの先頭に"about:reader?url="を追加してエンターでリーダーモードを実行できる。

そして以下のブックマークレットを実行する。

縦書き表示にする

実行すると下の画像のようになる。

f:id:t_massann:20170116005426p:plain

なお、最後に紹介したブックマークレットはリーダーモードでないページでも実行可能だが、多くのサイトでは表示が崩れてしまって綺麗に表示できないと思う。

例えばYahoo!Japanで使うと以下のようになる。

f:id:t_massann:20170116010208p:plain

使ってみて綺麗に表示されれば利用するという使い方をするか各サイトごとにブックマークレットを書き換えて使うことになるだろう。

ナイトモード(白黒反転)

夜など周囲が暗い中でページを見るときなどにあると便利なのがナイトモードである。

白黒反転していて、目にもやさしい。

標準でその機能を持っているブラウザもあるがFirefoxには無い。

しかし、ブックマークレットを使うことで実現可能である。

GitHub - JohnNPhillips/NightModeBookmarklet: A JavaScript bookmarket that changes pages into "night mode" to reduce eye strain

ブックマークレットのリンクがないのでここに作る。

NightMode

上のリンクを長押ししてブックマークに登録する。

どんな見た目になるか知りたい方は以下の記事を参照。

arekorebibouroku.hateblo.jp

リーダーモードという文字だけを表示させてオフラインでも読めるようにする機能がFirefoxにはある。

リーダーモードにはナイトモードが標準で搭載されている。

arekorebibouroku.hateblo.jp


その他の設定があった場合には随時追加する。