あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Firefoxのプロファイル新規作成とWebExtension対応、代替アドオンを探してみる

はじめに

現在のFirefoxはバージョン56です。

Firefox Quantumと名付けられたバージョン57ではWebExtensionに対応したアドオンでないと使えなくなります。

現在、バージョン57はベータ版ですが、あと一ヶ月経たずして公式版としてリリースされます。

Firefoxバージョン56を使っていたのですが、不具合があるのか、ラグ、もたつきがあり、起動して暫く付かっているとマウスをクリックしても反応しない時間ができて使いづらいのです。

そこで次回のアップデートまでベータ版を使うことにしました。

ブックマークのバックアップとプロファイルの新規作成orリフレッシュ

バージョン56、バージョン57になってから、それ以前は見ることができていたAbemaTVが視聴できなくなっていました。

どうやらバージョン55以前のプロファイルの中に、新しいバージョンでは使えない設定や不具合を起こす設定があるようです。

そこでプロファイルを削除し、改めて作り直しました。

私は不断ほとんど使っていなかったせいもあり、うっかりブックマークのバックアップを取らずに消してしまいました・・・。

ブックマークのアイコンから「すべてのブックマークを表示する」を選んでブックマーク一覧のウィンドウを出して、メニューからブックマークをエクスポートしましょう。

f:id:t_massann:20171021162043j:plain

「インポートとバックアップ(I)」から「バックアップ(B)」を選びます。

するとダイアログで指定した場所にjsonファイルで保存できます。

「HTMLとしてエクスポート(E)」を選んでhtmlファイルとして保存することもできます。

そのあと、Firefoxを終了し、端末(コンソール、コマンドプロンプト)で

firefox -P

とすると、プロファイルを表示するウィンドウが出ます。

f:id:t_massann:20171021182024j:plain

通常は「default」となっているかと思いますので、これを削除します。

そして、「新しいプロファイルを作成(C)」で新しいプロファイルを作ります。

標準で「Default User」となると思います。

これでも良いのですが、もともと「default」でしたからこの名前で作った方が良いでしょう。

そして、文字が隠れていますが、「今後このプロファイルを使用する(S)」にチェックを入れてウィンドウを閉じます。

これで新しいプロファイルを使うことができます。

もう一つ、もっと簡単な方法があり、それは「三」に似たアイコンのハンバーガーメニューにある「ヘルプ」から「トラブルシューティング情報...」を選ぶとトラブルシューティング情報が表示されたタブが現れます。

あるいはアドレスバーに「about:support」と直接入力しても良いです。

f:id:t_massann:20171021160428j:plain

右上の「Firefoxの性能改善」というところの下にある「Firefoxをリフレッシュ...」というボタンを押します。

設定やアドオンを削除し、既定値に戻すという警告が書かれたダイアログが出るので、「Firefoxをリフレッシュ」というボタンを押します。

これでその警告文の通り、まっさらの状態に戻ります。

完全に新しいのでアドオンも含めて個人設定はありません。

また新しく設定しなおす必要があります。

ブックマークは、本棚のようなアイコンを押して、「ブックマーク」を選んで次のメニューから「すべてのブックマーク」を選択、ブックマーク一覧のウィンドウを表示させます。

「インポートとバックアップ(I)」から「復元(R)」もしくは「HTMLからインポート(I)」を選んで、さきほどバックアップしたブックマークを復元できます。

バージョン57(Firefox Quantum)で作ったプロファイルをバージョン56以前で使わないでください。

動作がおかしくなります。


アドオンのWebExtension対応状況と代替アドオン

さて、ここからが本題です。

冒頭に書いたように旧式のアドオンはバージョン57以降では使えなくなっています。

そこでWebExtensionに対応したアドオンと、無い場合には代替のアドオンがあるかどうかを探してみました。

以前、使っていたアドオンは以下。

arekorebibouroku.hateblo.jp

arekorebibouroku.hateblo.jp

これらのアドオンの対応状況と代替アドオンを調べてみました。

about:addons-memory

about:addons-memory :: Firefox 向けアドオン

インストールしているアドオンのメモリ使用量を調べられるアドオン。

Firefoxの速度を低下させたり動作をおかしくさせているアドオンを見つけるのに役立つアドオンです。

f:id:t_massann:20171021163204j:plain

2016年にバージョンアップされたものもあります。

about:addons-memory 2016 :: Firefox 向けアドオン

しかし、いずれもWeb Extension版はないようです。

Firebug

Firebug :: Firefox 向けアドオン

かつて隆盛を極めた開発ツールです。

これもWebExtension対応はされていません。

今ではFirefoxに標準搭載の開発ツールでかなり多くのことができるようになっています。

Click to Play per-element

Click to Play per-element :: Firefox 向けアドオン

埋め込まれた要素をクリックしてからプラグインを有効にするClick to PlayはFirefoxで標準搭載されています。

しかし、通常はプラグインを有効にするとそのページの全ての要素が有効になってしまいます。

利用したい要素だけでプラグインを有効にするアドオンです。

これも現在、WebExtension版への対応はありません。

Flash以外のプラグインは無効となっており、FlashAdobe自身が2020年までに廃止することを発表しています。

Mozilla、FirefoxにおけるFlash終了への対応を発表 | マイナビニュース

Firefoxも2019年中には基本的に全てのFlashコンテンツを無効とするようです。

S3.Google Translator

S3.Google Translator :: Firefox 向けアドオン

選択したテキストやページ全体を翻訳できるアドオンです。

好みの問題ですが私はこれを使ってきました。

しかし、このアドオンはWeb Extensionには対応していません。

Google™ Translator (webextension) :: Firefox 向けアドオン

Google™ Translator (webextension)というアドオンが、ある程度、使い方が似ていたのでこちらに乗り換えることにしました。

Stylish

Stylish :: Thunderbird 向けアドオン

Webページの見た目やFirefox自身の見た目を変えることができるアドオンです。

Stylus (Beta) :: Android 版 Firefox 向けアドオン

Stylus (Beta)がベータ版ながらWeb Extension対応となっており、代替として使われています。

User Agent Overrider

User Agent Overrider :: Firefox 向けアドオン

どのOSのどのブラウザでそのWebページを見ているかということをWebサイトに伝える機能がブラウザにはあり、その情報はユーザーエージェントと呼ばれています。

このユーザーエージェントを変更することができるのがこのアドオンです。

他にも有名なものがありますが、このアドオンの方が新しいユーザーエージェントを変更しやすかったのでこれを使ってきました。

その有名アドオンと名前が同じでややこしいのですが、この後継にあたるWeb Extension版アドオンがUser Agent Switcherです。

User Agent Switcher :: Firefox 向けアドオン

作者も別の人であり、厳密には後継ではないのですが、User Agent Overriderも代替としてこれを紹介しており、アイコンも色違いとなっています。

少し違いますが、ユーザーエージェントの追加、変更はしやすいです。

BetterPrivacy

Flashコンテンツが記録する、スーパークッキーとも呼ばれるFlash-cookies (Local Shared Objects, LSO)というものがあり、これを利用するとプライベートモードを使っていても個人を追跡、特定できてしまうという懸念があり、これを管理できるアドオンです。

でした、というのが正しく、現在ではアドオン自体が削除されています。

Disconnect

Disconnect :: Firefox 向けアドオン

ウェブページを見ているユーザーを特定、追跡するサイトを可視化、ブロックできるアドオンです。

これは既にWeb Extensionに対応しており、これを使うことができます。

注意にあるように、Disconnectを他の広告除去アドオン(AdBlockやuBlockなど)と使う場合には、Disconnectを一番最初にインストールしなくてはいけません。

uBlock Origin

uBlock Origin :: Firefox 向けアドオン

広告を除去することができるアドオンです。

以前はAdBlock PlusAdBlock Edgeなどが使われてきましたが、メモリ使用量が少ない、動作が速いなどの利点があり、現在ではuBlockが主流です。

arekorebibouroku.hateblo.jp

uBlockは開発陣によるトラブルがあり、最初の開発者がuBlock Originを公開、メンテナンスしています。

uBlock Originは移行時にトラブルがあったもののWeb Extensionに対応しており、トラブルのことを考えてもこちらを使うことをお勧めします。

Fasterfox、Speed Tweaks (SpeedyFox)

Fasterfox :: Firefox 向けアドオン

Speed Tweaks (SpeedyFox) :: Firefox 向けアドオン

Firefoxの設定を最適化して、通信速度を高速化するアドオンです。

どちらもWeb Extension版は出ていません。

about:configを直接変更すれば同じ効果が得られます。

しかし、現在のFirefoxはそのままで十分高速にWebページを表示できるのでわざわざ変更をする必要は無いかもしれません。

Greasemonkey

Greasemonkey :: Firefox 向けアドオン

Webページの見た目だけでなく動作も変えてしまうことができる、Stylish、Stylusよりも強力なツールです。

Web Extension対応はされておらず、代替としてTempermonkeyが多くのユーザーに使われているようです。

Tampermonkey :: Firefox 向けアドオン

VimFx

VimFx :: Firefox 向けアドオン

私は使っていませんが、Vimというエディタのようなキーを使って、ページのスクロールやリンク間の移動、リンクの選択などができ、マウスを使わず、キーボードだけでWeb閲覧ができるようになるアドオンです。

VimFxはWeb Extension対応はされず、このまま開発終了となる予定となっており、作者によってVimium-FFとSaka Keyが代替として提案されています。

Vimium-FF :: Add-ons for Firefox

Saka Key :: Add-ons for Firefox

最近、日本人開発者よってVim Vixenという代替アドオンが公開されました。

Vim Vixen :: Add-ons for Firefox

FxIF

FxIF :: Firefox 向けアドオン

Webページにある画像(基本的にJPEG)について、EXIFという画像ファイル内に記録された情報を見ることができるアドオン。

代替としてwxIFがあります。

wxIF :: Firefox 向けアドオン

Amazon Price Tracker - Keepa.com

Amazon Price Tracker - Keepa.com :: Firefox 向けアドオン

Amazonの商品ページでその商品の価格変動のグラフを表示させられるアドオン。

現在の商品の価格が高いのかどうか確認することができます。

これはすでにWeb Extensionに対応しています。

Smart HTTPS

Smart HTTPS :: Firefox 向けアドオン

訪れたWebサイト、WebページがHTTPSに対応していれば自動的にHTTPSのページへリダイレクトするアドオン。

HTTPS Everywhereの方が有名です。

HTTPSへリダイレクトされるもののページの内容が無かったり、正常に表示できない場合があるので、その場合にHTTPプロトコルでアクセスしなおす機能もあります。

Smart HTTPS (revived) :: Firefox 向けアドオン

Smart HTTPS (revived)が公開されています。

DownThemAll!

DownThemAll! :: Firefox 向けアドオン

多重ダウンロード機能など標準のダウンローダーには無い機能が搭載された高機能ダウンローダー。

Don't work with Firefox Nightly · Issue #256 · downthemall/downthemall · GitHub

作者は当初はWeb Extension版を作るつもりは無かったようですが、やはり作ることにしたそうです。

しかし、旧式ほど自由にはコントロールできないため、簡易版になるとのことです。

似たようなものとしては、Windows版のみですが、Internet Download Managerという単体のダウンローダーがあり、ダウンロードの際にこれを使うためのアドオンが用意されています。

Internet Download Manager: the fastest download accelerator

Download with Internet Download Manager :: Firefox 向けアドオン

Twit Side

Twit Side - twitter timeline on your sidebar :: Firefox 向けアドオン

Twitterのタイムラインをサイドバーに表示させることができるアドオン。

複数のアカウントを連係させて、表示するタイムラインを切り換えて使えます。

0.9系からWeb Extension対応となったそうです。

Firefox Multi-Account Containers

Firefox Multi-Account Containers :: Firefox 向けアドオン

タブごとにアカウントを関連付けて、ログイン情報、クッキーなどを切り換えて使うことができるアドオンです。

たとえば個人というアカウントでTwitterGMailYahoo!メールにログインして開いておきます。

今度は仕事というアカウントを開くと未ログイン状態になっており、別のアカウントでTwitterGMailYahoo!メールにログインできるというものです。

複数のWebサービスのアカウントを同じブラウザで切り換えて使うことができるわけです。

作者はMozillaとなっており、以前はTest PilotのContainersとして実験的に使えるようになっていたものです。

Firefoxの“別人格での同時ログイン”機能「Containers Feature」、Nightlyでテスト開始 - ITmedia NEWS

これがMulti-Account Containersとして正式に使えるようになったという訳です。

旧式のアドオンに「Multifox」という同様の機能を提供していたものがあったのですが、e10s(Chromeのようにタブ毎に別のプロセスになる機能)に対応できてないということでMozilla公式のアドオン配布サイト(AMO)から削除されたようです。

GitHub - hultmann/multifox: Multifox is an extension that allows Firefox to connect to websites using different user names.

今ではGitHubにあります。

ありますが、前述の通りe10sに対応しておらず、Web Extensionにも対応できていません。

どうしても使いたいという人以外は避けましょう。

Switch Container

Switch Container :: Firefox 向けアドオン

これも複数のアカウントを切り換えて使うことができるアドオンです。

Multi-Account Containersよりも簡略化されています。

アカウントの名前やアイコンを変えることはできませんがこちらの方が簡単で使い易いかも知れません。

その他

その他のアドオンは以下のリンク先でまとめられています。

firefox57 :: タグ :: Firefox 向けアドオン

Firefox WebExtensions :: Collections :: Add-ons for Firefox

さらに幾つかのアドオンはそのままアップデートするのではなく、別のアドオンとして作られ、「revived」として公開されています。

なのでアドオン配布サイトで「revived」というキーワードで検索すると、Web Extension対応アドオンを見付けることができます。

revived :: 検索 :: Firefox 向けアドオン

これらを使って、自分の使っているアドオンがWeb Extentionに対応しているかどうか、また代替物がないか調べると良いでしょう。

今はまだ無くてもこれからWeb Extension対応のアドオンは増えていくはずです。

定期的にチェックしましょう。

偉人たちの健康診断 夏目漱石は健康法マニアだった

偉人たちの健康診断 - NHK

夏目漱石は健康法マニアだったそうだ。

というのも夏目漱石は若い頃から天然痘結核疑いなど様々な病気になっていたからだ。

病気がちなら健康に気をつかうのは当然の帰結と言える。

器械体操を始めてみたり、英語が得意だったことから海外で発表された論文が日本に入ってくるとそれを読み漁って、自己流の健康法研究の本としてまとめたりしてたようだ。

エキザーサイサーという健康器具が発売され、日本に入ってきたと知るや、それを買い求め、ちょっとやってみたりする。

しかし、夜には体が痛くなり、その後、エキザーサイサーの記述がほぼ無くなるそうだ。

3日坊主よりもひどいが、自分でも良くあるし、同じように思う人も多いだろう。

エキザーサイサーを考案したのは、ユージン・サンドウという、プロイセン、今のドイツの人である。

ユージン・サンドウ - Wikipedia

解剖学を元にした筋肉作りを初めて体系化した、ボディビルの先駆者だそうである。

ダンベルを使った体操でも知られ、彼を日本で大々的に紹介したのは、講道館柔道の創始者である嘉納治五郎だということだ。

番組ではそれにちなんでダンベルを使った健康法も紹介していた。

夏目漱石は心の病を患っていたことでも知られている。

彼が心の病を発症したのは、イギリス文学を学ぶため、国費でイギリス留学をしていた頃である。

最初は文化的にも進んでおり、体格的にも優れているイギリス人に対する劣等感だったのかも知れない。

国費の留学とは言え、かなり切り詰めた生活だったらしく、それが心細くもさせたのだろう。

夏目漱石 倫敦消息

向へ出て見ると逢う奴も逢う奴も皆んな厭に背いが高い。おまけに愛嬌のない顔ばかりだ。こんな国ではちっと人間の背いに税をかけたら少しは倹約した小さな動物が出来るだろうなどと考えるが、それはいわゆる負惜しみの減らず口と云う奴で、公平な処が向うの方がどうしても立派だ。何となく自分が肩身の狭い心持ちがする。向うから人間並外れた低い奴が来た。占たと思ってすれ違って見ると自分より二寸ばかり高い。こんどは向うから妙な顔色をした一寸法師が来たなと思うと、これすなわち乃公自身の影が姿見に写ったのである。

すれ違う者、みんな背が高く堂々としていて立派にみえる。

顔色のわるい小さな男がいたと思ったらそれは鏡に映った自分だったのである。

もともと天然痘のせいで、ニキビ跡のようなものが残っているのもコンプレックスだったようだ。

漱石は最終的には相当に精神状態が悪化し、下宿屋の女主人が嫌がらせしている、何者かが自分をつけ回っているなど、被害妄想、追跡妄想が現れる。

研究も半ばで日本への帰国を余儀なくされるのである。

夜中に叫んだり暴れたりするなど、日本へ帰ってきてからも荒れていたようである。

もっとも、これも病気のせいというのは可哀想だ。

国費での留学を最後までまっとうできずに挫折し、体の具合もあり、その後の仕事もすぐに目途がつかなかったのだから荒れるのも仕方がなかったろう。

しかし、その他にも色々と問題行動があったらしい。

夏目漱石は精神疾患だった?裏の顔が見れるドラマに期待 – しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

子どもを何の理由もなくいきなり叩いたりしていたらしい。

この他にも、当時の家の塀や垣根は人の頭よりも低かったことが多かったせいもあり、覗こうと思えば覗けたため、そのことを気にしていて、通りすがりの人間をスパイのように思っていたこともあったらしい。

当時は神経衰弱として一括りにされてきた心の病であるが、現在では、統合失調症か重度のうつ病だったのだろうと言われている。

そんな夏目漱石の心を癒したのが猫だったという。

猫や犬が人の心を癒し、体の健康にも良い影響を与えるというアニマルセラピーは有名だ。

しかし、専門家の解釈では、猫はことさら心に与える影響があるらしい。

猫は犬のように人の言うことに忠実でないため、猫が膝の上に乗ったり、自分に寄ってきたときには、猫が自分を選んでくれたという気分になれるのだそうだ。

また、猫の気まぐれさで人の顔色をうかがったりしないために、かえって気軽につきあえる存在となり、安心感が得られたのかも知れないという。

猫のおかげで元気を取り戻した漱石は、『我輩は猫である』を発表する。

夏目漱石 吾輩は猫である

小説を書くことも良い影響につながったと専門家たちは見ている。

自分をモデルにした作品を書くことで自分を客観視することができたのだという。

このような小説や日記などの文章や、自画像などを描く治療法は芸術療法と言われている。


しかし、その後も漱石は病気に悩まされる。

『それから』『三四郎』などを著し、小説家としての地位を確立していた漱石を新たな病が襲う。

明治43(1910)年6月、43歳のころのこと、小説『門』を執筆中のある日、胃の痛みを訴え、当時の胃腸専門病院を受診する。

そこで診断されたのが胃潰瘍である。

療養中に吐血し、危篤状態になるなど、かなりあぶない状態だったらしい。

胃潰瘍の原因として番組で取り上げられていたのはピロリ菌である。

井戸水がほぼ全てだった頃には、ほぼ100%の日本人がピロリ菌に感染していたとされている。

結局、死因も胃潰瘍による大量出血だったとされており、現代の医者が解剖所見を見たところでは胃の出口あたりにひどい潰瘍があったようだ。

胃酸過多であったと同時に、ピロリ菌で胃粘膜の機能が低下、さらに喫煙の影響で胃の血流が低下してこれも粘膜の分泌を少なくしていたと考えられるという。

胃酸過多の原因は食生活にあったと考えられる。

夏目漱石 文士の生活

食物は酒を飲む人のように淡泊な物は私には食えない。私は濃厚な物がいい。支那料理、西洋料理が結構である。日本料理などは食べたいとは思わぬ。尤も此支那料理、西洋料理も或る食通と云う人のように、何屋の何で無くてはならぬと云う程に、味覚が発達しては居ない。幼穉な味覚で、油っこい物を好くと云う丈である。酒は飲まぬ。日本酒一杯位は美味いと思うが、二三杯でもう飲めなくなる。  其の代り菓子は食う。これとても有れば食うと云う位で、態々買って食いたいと云う程では無い。

日本で食の西欧化が問題になったのは、基本的には戦後のことだ。

しかし、夏目漱石は当時としては驚くほど西洋化した食事をとっていたらしい。

牛鍋ばかり食べていた時期もあるらしく、月に15円、現在で30万円ほども牛肉に費していたそうである。

肉の質の善し悪しで値段は変わるから量がどの程度だったか正確にはわからないが、それでも相当食べていたのだろう。

その上、上の引用に菓子は食うがあれば食べるといった程度とあるが、実際にはこれも相当に食べていたようである。

お菓子とは少し違うが缶詰のいちごジャム1缶530gを一ヶ月で8缶も食べてしまったそうだ。

晩年の漱石胃潰瘍だけでなく糖尿病も患っていたそうだが、当たり前だと思わせるエピソードだ。

高脂肪食は胃の運動を低下させ、胃の内容物が腸へ流れるのを遅くするそうである。

結果、胃酸が多く分泌されることになるという。

また、漱石がのどの痛みや咳止めとして使っていたアセチルサリチル酸が、胃酸の分泌を促進させ、消化性潰瘍を起こす可能性があり、この副作用も胃潰瘍を悪化させていたと考えられている。

アセチルサリチル酸 - Wikipedia

アスピリンとして知られているこの薬の副作用は当時は知られていなかったそうだが、副作用がわかっている現在でもこの薬によるものと思われる出血が原因での死亡例が少なくないそうである。

出血した際に、血小板の機能を落とし、出血が止まりにくくなったり、かさぶたができても剥れやすくなるという副作用もあるという。

49歳で死去した夏目漱石だが、最後に食べたものはアイスクリームで、最後の言葉が「何か食いたい」だったそうだから、健康法マニアというよりは食に感心が高かったのだろう。


ここで夏目漱石の直筆の手紙が読める。

Web版夏目漱石デジタル文学館 | 県立神奈川近代文学館

面白い & 便利そうな乾電池が話題になっていた

+端子側がキャップになっていて、これを外すとUSB端子が出て来るという乾電池だ。

これはアイディア商品。

通常の再充電可能な乾電池は、当然の事ながら充電器が必要だ。

これを持ち歩くのはちょっと面倒だ。

USB端子であれば、PCで充電できたり、スマホようのACアダプタが使える。

ちょっと注意が必要なのは、この乾電池には2つのタイプがあることだ。

1つは上のリンク先のものでNi-MH(ニッケル/水素充電池) だ。

電圧は1.2Vで一般的に使われるアルカリ乾電池よりもちょっと低い。

もう一つは以下のリチウムを使った乾電池だ。

これは電圧が1.5Vある。

リチウムの方が電圧も十分で充電時間も短く便利そうに見える。

しかし、日本で売っている「エネループ」などはNi-MH(ニッケル/水素充電池)だ。

それは多分、安全性がリチウムイオンバッテリーよりも高いからだろう。

韓国製スマホが爆発する事件が多発し、大規模なリコールや飛行機への持ち込みが禁止になったことを覚えている人も多いだろう。

日本でも、どこの国で作ったのかはわからないが、モバイルバッテリーから出火し、電車内で騒ぎになるという事件が起こっている。

主に中国製が危険だと思われるが、値段が安いから危険とは言えないから難しい。

件のツイートへの返信でも指摘されているが、満充電になったあと、それ以上充電されないように絶縁される機能がついているものとそうでないものがあるようだ。

過充電になると内部の構造が壊れて、液漏れや発熱、出火、爆発することもある。

便利そうだが、その辺は慎重に選びたい。

とは言え、専門家でもない限り、過充電防止機能やリチウムの安全性などはわかりようもないのだが。