読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

シャーロック・ホームズのあらすじを記憶してみた

何度も書いていますが、ドラマの話も見てすぐに忘れてしまうほど記憶力がなくなっており、困難を感じています。

長文の黙読も難しくなっているので、訓練・脳トレのつもりで本を音読し、それを記憶するということを試みています。

どうしても頭が働かず、考えているうちに全く別の考えが入り込みうまく言っていませんでした。

1週間ぶりくらいにコーヒーを飲んだところ、少し頭が覚醒した感覚があったので再び挑戦してみました。

挑戦したのはこの作品です。

背中の曲がった男

以前、紹介したシャーロック・ホームズ作品の翻訳を全て読むことができる素晴らしいサイトです。


ワトソンが結婚してから数カ月ほどたったある日の夜、彼はパイプをふかしながら小説を読んでいたが昼間の仕事が忙しかったので、うとうとしていた。

妻はすでに上の部屋へ行っており、玄関の鍵がかかる音がしたので、使用人も寝室へ下がっていた。

ワトソンがパイプから灰を叩き出していたところ、ベルの鳴る音が聞こえた。

時計を見ると12時15分前だった。

こんな夜中に訪問者がいるはずもないので、患者だと思った。

もしかすると今夜は徹夜になるかも知れないと思い、ワトソンは顔をゆがめながら玄関のドアを開けると、そこにはシャーロック・ホームズが立っていた。

ホームズは「やあ、ワトソン。相変わらずアルカディア・ミックスのタバコを吸っているね。襟元のふわふわした灰は見間違えるはずがない。君が元軍人であることはひと目でわかる。袖口にハンカチを入れる習慣をやめないと一般の民間人と言っても通じない。今晩、泊めてもらえないか?」などと言った。

「君が泊まってくれるとうれしいよ」とワトソンは言った。

「一人部屋があると聞いていたし、今晩、男性客がいないことは帽子掛けを見るとわかる」とホームズは言った。

ホームズ:「イギリスの作業員を入れたのか?悪夢だね。下水か?」

ワトソン:「ガスだよ」

ホームズ:「リノリウムの灯りのしたに靴で作った穴がふたつある。ワーテルローで食事は済ませてきた。パイプなら付きあわせてもらうよ」

ワトソンはホームズに煙草を渡すと彼の向き合うようにして座った。

ホームズ:「最近は忙しいようだな。」

ワトソン:「どうしてそれがわかったんだい?」

ホームズ:「君は往診に行く時、一巡する距離が短ければ歩いて行く。長ければ歩いて行く。君の靴は履き古しているが泥はついていない。馬車で頻繁に出かけるほど忙しいだろうというわけだ」

ワトソン:「素晴らしい」

ホームズ:「初歩だよ。推理家が世間を感嘆させる手法の1つだ。君も君が書く作品の中で同じようなことをしているのではないか?重要な事実をわざと明かさず、自分の手の中に隠している。僕は今、その読者の立場だ。今、関わっている事件では2,3の証拠は手に入ったが、重要な手掛かりがまだつかめていない。しかし、僕は必ずその手掛かりを掴んでみせる」

そういったホームズの目には光が宿り、こけた頬には赤みが差した。

ホームズの持っている情熱的な面が現れた瞬間だった。

だが、それが見えたのはその一瞬だった。

次にワトソンがホームズの顔を見た時には、いつものインディアンのような冷静な顔に戻っていた。

ホームズ:「明日、オールダー????(地名忘れ)まで行けるか?」

ワトソン:「隣の????(人名忘れ)が診察を変わってくれると思う」

ホームズ:「ワーテルローから11時10分に出る列車に間に合うようにしたい。君が眠くなければ、事件の概略を話そうか?」

ワトソン:「君が来るまでは眠かった。しかし、今はすっかり目が覚めたよ」

ホームズ:「重要な事実は省略せずにできるだけ簡潔に話そう。もう既に君も聞いているかも知れない。今、私が取り組んでいる事件はオールダー????(地名忘れ)のロイヤル・マンスターのバークレイ大佐殺害疑惑だ」

ワトソン:「その事件については何も知らないな」

ホームズ:「その地方でのみ注目される事件だから。事件を簡単に説明しよう」


長くなるのでこのくらいでやめます。

少し前まで、地名や人名も覚えていたのですが、これを書こうと思ったあたりから急激に記憶が失われてしまいました。

ご飯を食べたせいかも知れません。

(糖質を摂ったからかな。確かに午前中は何も食べておらずコーヒーを飲んだだけなんですよね。

精神疾患と食事 part3 ケトン食の精神疾患への効果 : 場末P科病院の精神科医のblog

本当にケトン食を考えたほうが良いかも知れません。)

確かに急激に頭が再びもやもやしてきました。

この分だと、もうすぐ上に書いたことも忘れてしまいそうです。

もともと冒頭部分は細かく覚えており、後半部分はざっくりとしか覚えていませんでしたが。

1,2時間前に確認した時には確かにもう少し覚えていたのですが…。

すごい勢いで記憶がなくなっていくこと、クリアな思考が失われていくのを感じるのは苦しいです。

しかし、気をつけなければならないのは、それなりに頭の具合が良かった時代であっても、同じようなことをして、どの程度の結果が得られたか?です。

10代の頃はもしかしたらできたかも知れませんが、20代の頃にやってみてもこの程度にしかできなかったかも知れないですよね。

そう考えないと必要以上に過去を過大評価してしまい、現在の能力を過少評価してしまいますからね。

現実に不調なのは変わりませんが、必要以上に傷ついたり落ち込む必要はありませんからね。

なかなか結果は出ませんが、この訓練を続けていこうと思います。

関連記事

arekorebibouroku.hateblo.jp

「脳」関連商品一覧(楽天市場)

「脳 食事」関連商品一覧(楽天市場)

頭の中の会話・おしゃべりはとても重要

(コラム)「頭の中の勝手なおしゃべり」を鎮める方法 - うつ病ドリル

頭の中の会話を止める: ITスペシャリストが語る芸術

エックハルト・トール~『頭のなかのおしゃべりを止めるコツ』 - YouTube

うつやストレスを軽減する手段の1つに「頭の中の会話・おしゃべりをやめる」というのがあります。

人は考えるときに概念を言葉にして、頭の中で話すようにしていることをみなさんも自身の経験から気がついている人もいると思います。

これを人は無意識のうちに繰り返していて、悩みについて何度も反芻したり、堂々巡りの議論を頭の中で繰り返しているので、これをやめることで悩みのスパイラルを断ち切ることができ、ストレスの軽減につながると言われているのです。

NHKスペシャル シリーズ キラーストレス 第2回 ストレスで心を病む原因と対策 - あれこれ備忘録@はてなブログ

以前、NHKで放送され、話題になったストレスが脳に与える影響のうち、マインドワンダリングと呼ばれるものがこれにあたるのでしょう。

これを停止するための方法として番組で提案されていたのが、マインドフルネス瞑想です。

私もこれを見てから瞑想を試してみたりしたのですがなかなかうまくいかないですね。

しかしながら、考えてみると、私はずいぶん前から「頭の中のおしゃべり」をしていないことに気が付きました。

頭の中の会話を止められたわけではなく、できなくなったのです。

考えられる原因としては、直前まで話していた内容を覚えていられないために会話が成立しないのです。

ストレスはもしかしたら軽減したかも知れません。

思考力が失われているために、悩むことができないのでしょう。

抗うつ薬には神経伝達物質を増やすなどの効果がありますが、結局のところ、ぼんやりしてしまい、悩むほど考えられなくなっているのだけだという指摘もあります。

「頭の中のおしゃべり」が無くなって良くなったかといえば、答えはNOです。

結局、人は考えるときには頭の中で会話をしなくてはいけないのです。

それができなくなってしまったということは、何かについて深く考えることができなくなったことを意味します。

推論や演繹をするためには前提を覚えておけなければ結論に到達することはできません。

それ以前に考えていたことが忘れてしまうのでは、文章を作ることもできません。

概念を言葉にできなければ、ずっと概念はぼんやりした感覚的なものにとどまります。

結局のところ、それがものが考えられなくなったり、文章を書けなくなった原因なのでしょう。

このブログが辛うじて書けているのは、文を残る形にして書くと、その文を忘れてしまっても、書かれている文を読むことで確認することができるためでしょう。

長い文章を読むことができないために、直前の文以外を読んで推敲することはほとんどできません。

そのため、文章は箇条書きのような、つぶやきの連続で構成されるぼんやりとしたものになります。

構成を組み立てることができずに、話題が前後してしまったり、繰り返してしまうこともあります。

今、こうしてブログを書いていても、頭の中がもやもやして、文が思い浮かんできません。

なんとなく言いたいことはあるのに、それがはっきりしなくて、結論へ辿りつけないのです。

こんなときどういう言い方をしたら良いか、昔はそれほど困ることはなかったのですが、今は全然思い浮かびません。

言葉が出てこないことに思い悩んでいるうちに、言いたい事自体を忘れてしまうのです。

似たようなことを経験したGoogleの技術者の話があります。

Googleが実践する「マインドフルネス」がいかに創造性を殺したかという記録 - GIGAZINE

読んだ本や気がついたこと、思い浮かんだアイディアについて、あれこれと頭の中で考え続けることを、瞑想することで断ち切った結果、創造性が奪われたということです。

私の場合、病気かその治療のために飲んでいる薬の影響で、思考力、集中力、記憶力が失われたためだと思いますから、順番は逆でしょうが、何れにしても「頭の中の会話・おしゃべり」ができなくなることは考えられなくなることと一緒なのです。

体が不自由でもクリアな思考があれば、知的な活動ができます。

しかし、脳がおかしくなると、体を動かす意欲も失われてしまいますし、知的活動も当然できなくなります。

脳・精神にトラブルを抱えることは、牢獄の無いまま、拘束されているのと同じ状況を作ります。

精神病棟や障害者施設では薬によって人工的に作り出すことも行われていますね。

その1つが先日、販売中止が決まった「飲む拘束衣」ベゲタミンです。

「飲む拘束衣」販売中止へ : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

“危ない精神薬”が次々と販売中止! 「飲む拘束衣」の副作用や依存性の高さが問題に|健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS

私はこれから意識して頭の中で会話をする訓練をしていこうと思います。

今日、試しにやってみたところ、前頭葉を使う作業なのか、額の裏側が重く痛い感覚が起き、眉間や眼窩の上あたりに凝りを感じてとても不快でした。

その不快に意識が向いた途端、それまでに考えていたことを忘れてしまったりしました。

どうすれば脳は回復するのでしょうか?

前にも書きましたが、以前はドキュメンタリーなどを見ることができたのですが、頭が弱っているとだんだんと見ても理解できなくなってきます。

ドラマばかり見ることになりますが、ドラマも見てすぐに内容を忘れてしまいます。

脳が衰えると何が起きるか? - あれこれ備忘録@はてなブログ

今、この記事を読んでみて、この記事で言いたいことはすでに書いていたことに気づきました。

その上、この記事の方が言いたいことが言えているような気がします。

こんなこともわからなくなり、この記事の水準の文章も書けなくなっているということですね。

本当にどうすれば良いのでしょうね。

楽天銀行の合言葉が通らなくてログインに失敗する

楽天銀行にログインしようとすると合言葉が求められるが、少し前から合っているはずの合言葉を入力しても通らず、ログインに失敗してしまいます。

さらに不思議なのは合言葉に一定回数失敗すると一定時間ログインできなくなるはずですが、間を置かずにログインできて、さらに今度は合言葉を入力を求められなくなるのです。

合言葉の入力を求められる、または求められなくなる理由は、ログインしているPCのOS、ブラウザが普段使っているものと異なっている場合にはID、パスワードを入力し、ワンタイムパスワードを発行・入力したあとに合言葉の入力が求められます。

Cookieをセッションごとに消してしまう設定にしてあるせいか、以前から何度も同じOS、ブラウザを使っていても、初めてのログインであるかのように判断され、合言葉を求められていました。

以前はそれでも合言葉を入力してログインできていたので問題はありませんでした。

いつの頃からか合言葉が合っていても間違えていると言われてログインできなくなってしまいました。

それとも思い違いをしているだけなのでしょうか・・・?

少し前にはセキュリティボードを使ったパスワードの入力が通らなくなってしまったことがあります。

その理由はすでに判明していて、uBlockのせいでした。

以前はこちらもログインできていたのですけれどもね。

rakuten-bank.co.jpとfes.rakuten-bank.co.jpを除外すればセキュリティボードを使ったログインができるようになります。

私は楽天側の仕様変更による不具合では無いのかな?と思っています。

合言葉を初期化しようかなとも思っているのですが、それもちょっと面倒です。

携帯メールを登録すると、そこへ届くワンタイムキーで初期化できるようです。

しかし、携帯メールへはちょっと迷惑メールが届くのが気になっていて、メールアドレスを変更しようか迷っていてそれを登録するのはちょっとためらわれます。

その方法が使えない場合には登録してある住所へ転送不要の手紙を郵送してもらい、そこにあるワンタイムキーを使って初期化するという手段があるようです。

面倒ですがこれをするより他無いのかも知れませんね。

と思ったのですが、書きながら調べてみるとログインできれば、全ての合言葉を新たに設定する形で変更可能なようです。

www.rakuten-bank.co.jp

変更しました。

昔のほうで覚えてしまっていて変更したものが記憶に定着しない場合があるので少し不安です。

最近は特に新しいことが覚えられないので・・・。

ネット銀行のうちでも楽天銀行(旧イーバンク銀行)は不正送金が多かったために、とてもセキュリティが厳しくなっています。

便利なところもあるのですが、他のネット銀行に比べて色々と面倒です。

例えば、楽天バイルはクレジットカード支払いの他、楽天銀行デビットカードでも支払いができるのです。

格安SIMの多くは銀行引き落としができず、クレジットカード支払いのみでデビットカードも使えないことが多いのでこれは便利です。

もう少し、使いやすくして欲しいですね。

ここ1週間ほどのはてなブックマークから気になったもの

はてなブックマーク

「ひきこもり=男性」じゃない! 気付かれなかった女性たち、専門家も誤解 当事者が見つけた居場所とは (withnews) - Yahoo!ニュース

数は少ないが女性の引きこもりは程度が重いという指摘があったかと思う

2016/07/16 11:16

withnews.jp

前にも書いたかも知れませんが、男性と違って女性は昼間歩いていても怪しまれないなど社会からプレッシャーは男性よりも少ないため、完全なひきこもりになる人は少ないようです。

しかし、そういった社会から許容されている状況を超えてひきこもっていることを意味するために、女性のひきこもりは程度が重いのです。


俺は今現在いじめに合っている、徹底戦うことにした。クズどもを潰せ。 - 孤独の果て 大人の発達障害

メンタル強くて羨ましい

2016/07/16 14:37

集団でいじめにあっているそうですが、強い意志でしっかり反撃しています。

かっこいいです。

メンタルが強くて本当にうらやましい。


貧困の多くは「脳のトラブル」に起因している | 「貧困報道」は問題だらけだ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

病気になるのが就職前か後か、正規雇用中かそうでないかで変わってしまう障害年金の仕組みもどうにかした方が良い。

2016/07/16 20:31

貧困に陥る人の全てが脳の病気や精神的な問題を持っているとは言えませんが、この記事を書いたライターさんは自分が脳硬塞の後遺症で、これまで取材してきた生活困窮者が抱える生き方の下手さや精神的な不安定さ、知的活動の難しさを、自らも経験することで、これらの不自由さが貧困につながりうることに思いを致したということでしょう。

集中力の低下、認知機能の低下、不安発作や疲労感、文章を読むことの困難さなどは私も日々苦しんでいます。


www.news-postseven.com

昔で言うツッパリみたいな気の強い人たちを指導するならともかく不登校・ひきこもりなどを同じような指導法で矯正するのは無理があると思います。

特に上で紹介した記事のような症状を持っている人たちに戸塚ヨットスクールは不適切です。


日本の人口が減少し続けると過疎化した土地にクマがあふれる可能性、移民政策は必要なのか? - GIGAZINE

過疎地をコンパクトシティーにしようという動きがあるが、この記事のような問題を拡大させる。人の目の届かない地域を大きくする。水資源が奪われる問題とも関わるし。

2016/07/18 11:54

ブコメ書いた以外にも目の届かない場所が増えれば、例えば里山の管理ができなくなりますし、治安の問題も出てくるでしょう。


headlines.yahoo.co.jp

ストーン監督、ポケモンGOに警鐘 「監視資本主義だ」:朝日新聞デジタル

普段と異なる行動をとるので、行動監視の懸念は低いのでは?

2016/07/22 17:50

中国の方は良く気づいたなと思いました。

そんな考え方があるなんて思いもしませんでした。

オリバー・ストーンさんの指摘はわかりますが、ポケモンGOの場合、モンスターを手に入れるために普段とは全く違った行動を取るので生活監視のデータを収集するのには不都合ではないかと思います。

爆発的な人気になったから引き合いにされただけで、位置情報を使ったサービスは他にもありますし、データを収集・蓄積しているものもありますよね。

特に健康管理系のサービス、アプリの場合は、それこそ普段の生活のデータを集めているわけでこちらのほうをより心配するべきだと思います。

自ら望んでする人たちもいますが。

arekorebibouroku.hateblo.jp


【これはひどい】駅で倒れた人にAEDを使おうとしたら通りすがりの看護師に「AEDなんか使うな!」と怒られた - Togetterまとめ

基本的に心室細動の時しか動作しないから、確認のために使うというのもわかるし、要らないという意見も正しい気もする。急性アル中でもし吐物が詰まって気管閉塞してたら使っちゃ駄目だろうし

2016/07/19 01:58

結論が知りたいです。


ニューヨークの住民33人をゾンビ化させた「合成大麻」の正体|WIRED.jp

日本はアメリカの社会実験を見守ってからでも遅くない。大麻ゲートウェイドラッグと呼ばれる根拠がより鮮明になるかも知れない。すでに飲酒年齢を引き下げたらさらに飲酒問題が低年齢化したという前例がある。

2016/07/19 14:20

高城沙耶さんは落選したんでしたかね?

日本は大麻解禁については当分様子見で良いのではないでしょうか?


前代未聞「ドラクエ遠足」、その実態は……? ネットの高校「N高」初のチャレンジに先生びっくり (1/3) - ITmedia ニュース

ドラクエ買わなくちゃいけないのか。教材費に入っているのかな

2016/07/19 19:19

面白そうですよね。

こういう時代に学生であるという人たちが羨ましいです。

これ以外にも家にいてネットで勉強ができる環境が整っていますからね。


「良い漫画」「悪い漫画」に明確区別できると前提することが「表現規制」論である - Togetterまとめ

漫画は総じて悪いという時代があったがその時代からすれば進歩か。随分後退したような気がするが

2016/07/19 21:22

手塚治虫さんが漫画を書いていた時代には町内会が子供の漫画を取り上げて、空き地や校庭で焼いていたらしいですね。

漫画の焚書。


マレーシアの写真家「福島の立入禁止区域を撮影」→地域の外国人たちが激怒「コスプレで風評流すのやめて」

外国人を日本に受け入れることの利点が示された気がする

2016/07/19 21:40

日本に住む外国人が日本の立場を代弁してくれて本当に感謝ですよね。


anond.hatelabo.jp

これ、面白いですよね。

母が病気だということで面白いというのは不謹慎かも知れませんが。

句点(。)がエクスクラメーション・マーク(!)に変わっていることで、なんだか文章に躍動感が出ています。

韻は踏んでいませんが、私はなんだかラップのような節回しで読んでしまいます。


チリ産の養殖サーモンは“薬漬”って本当か? 現地チリ人の証言「私は食べません」 | 日刊SPA!

騒動が起こってから別の報道でやっぱり地元の人は食べないという証言が出てくるとやっぱり危険ではないかという気がする

2016/07/21 12:58

ことの発端はこの記事です。

www.huffingtonpost.jp

それに対する反論がこれです。

www.salmon-garage.com

この2つを比較して考察したのがこの記事です。

lastline.hatenablog.com

最初の記事はその論争が話題になったことから追跡取材をしたものですね。

この記事によると、ハフィントン・ポストにあるとおり、「私達は買わない」という地元の人の声があることは確かなのですね。

多くの人が話題になった時だけ注目してその後の報道を見ていないですよね。

これも本当のところはどうなのか気になりますね。


nikkan-spa.jp

前にWeb漫画を偶然読んで気になっていました。

ここでも病気になった後の男性と女性の違いが語られています。

やっぱり、男性は社会から外れた存在になると弱いですね。

世間の評価の偏り、つまりは偏見をどうにかしてほしいものです。


日本文学振興会の広告「人生に、文学を。」が「アニメを馬鹿にしているのでは」と物議 意図を聞いた - ねとらぼ

文学に普段接していても想像力が身に付かないことがまた示されてしまった。これも秀逸 http://togetter.com/li/1002659

2016/07/21 13:52

以前、いじめ自殺が問題になった時に、文学や映画、俳句・短歌を勧める人たちが現れました。

ある人は「いじめられて自殺をしてしまう人は想像力が足りない」などと言って勧めていたのです。

いじめられて死を選んだ人や死を考えてしまうほど苦しんでいる人を責めるようなことを言っている人が勧めるようなものをやってみよう、見てみようと思う人がどれほどいるというのでしょう。

そんなことも想像できないという時点でその人が勧めているものには想像力をつける効果などないことがわかります。

上の記事の問題は、このことが再び示されたものだと思います。


今日はこの辺で。

日本人はネットのつながりも煩わしい!?孤独は良いことだ! TED動画 シェリー・タークル 「つながっていても孤独?」とスマホアプリ『ひとりぼっち惑星』

TED 動画

www.itmedia.co.jp

スマホアプリの『ひとりぼっち惑星』が話題だそうですね。

やったことがないのでくわしくはわかりませんが、ゲーム内の部品を集めるとそれに対応したユーザーからのメッセージを受信でき、しかし、その相手に返信はできないという一方向のメッセージのやり取り(?)ができるというものだそうです。

―― なぜ「ひとりぼっち惑星」がこんなにも流行したのでしょうか?

ところにょり やっぱり「みんな寂しいんだな」と思いました。どれだけSNSが乱立してコミュニケーション過多な時代になっても、常にいろいろな形のコミュニケーションを貪欲に求め続けていると言いますか、ひとりぼっち惑星では少なくともここ最近にはなかったコミュニケーションの形を提示できたと思うので、そういうのが時代に偶然合致したのかなと思います。

 ところにょり氏はひとりぼっち惑星の「返信できない」「送っても反応を期待できない」この2つのシステムがあるからこそ「ずっとひとりぼっちでいられる」という。

 リアルな場であれば、何かを話したら相手の反応が欲しいはずだが、アプリ内ではこれとはまったく逆のアプローチをアプリ内で行っている。このあたりに、筆者はところにょり氏の価値観が強くアプリ内で反映されているように感じた。

日本人は程良く孤独でいたいのかも知れないな、と思いました。

私はこれを見てTEDのシェリー・タークル 「つながっていても孤独?」を思い出しました。

シェリー・タークル 「つながっていても孤独?」 | TED Talk | TED.com

問題に巻き込まれていると 感じるからです お互いの 人間関係の問題ばかりでなく 自分自身と どう関りあうかという問題 や 自分と向き合う能力の問題です 一緒にいても 一人ずつという 新しいスタイルになれはじめたのです 誰かと一緒にいたい でも同時に どこか他の場所とも つながっていたいのです 人間は生活を操りたがる どんな場所でも 出たり入ったりしたがります なぜなら一番重要なのは どこに意識を向けるか 自分で決めることだからです つまり役員会には出たいけど 本当は興味がある部分にだけ 注意を払いたいだけなのです それが良いことだと考える人もいます でも最終的には 常に連絡しているにも関わらず お互いに避けるように なってしまうのです

どの世代の人でも いつも つながって いたいようです ただし 程よい距離があり 自分がコントロールできる 関係に限ります これをゴルディロックス効果 と呼んでいます 近すぎず 遠すぎず ちょうどいい距離

私は人々に聞きます 「会話の何が問題なの?」と 皆こう言います 「会話の問題点は リアルタイムで進むこと― 自分で言いたいことを コントロールできないから」 それが本音です テキストメッセージでも メールでも 投稿でも 見せたい自分だけを 見せることができます 編集することができるし 削除することもできる ということは書き直しができ 顔も 声も 肉体も 小さすぎず多すぎず ちょうどいいくらいに 書きなおせるのです

現実のコミュニーケーションは煩わしいと欧米の人も感じているようです。

ネットを介した関係では、程よい距離が保てるのだと考えている人が多くなり、コミュニケーションしたいという欲求を満たして孤独を避けつつ、煩わしさを避けるというスマートな(あるいはスマートと思える)あり方を、現代の技術は可能にしたのです。

このところ 皆さんのポケットにある携帯電話は 心に変化をもたらしています 携帯電話が与えてくれる― 3つの幻想のせいです 1 好きな所に 意識を向けられる 2 常に聞いてもらえる 3 決して独りぼっちにならない 3つ目の幻想― 決して一人にならないということが 心理変化を 主に引き起こします 人は一人になったとき それがたとえほんの一瞬でも 気持ちが乱れ パニックに陥り 気をもみ デバイスに手をやる

しかし、薄く広いつながり方は、つながり中毒のようなものを生み、より広く、長い時間繋がっていなければという強迫観念を人に持たせてしまっていないか?とシェリー・タークルは言っています。

ネット上のつながりを求めて現実のつながりを避けて希薄にしているのに、人はよりつながりを求め、それが満足でいないと孤独を感じてしまっているのでは?とシェリーは問いかけます。

つながっていても 孤立するのはなぜでしょう 孤立してしまうのは 孤独に耐える力や 1人でいられる力を 養わないからです 孤独の中で自分を見つけ その上で他者に近づき 真の関係が築かれます 孤独に耐える力がないと 不安にならないために または生きていると感じるために 他の人に近づく そうなると 相手を理解できなくなる それはまるで彼らを 自身の頼りげない感覚を支える スペアパーツのように 扱ってしまうからです 常に接続していることで 孤独ではないと勘違いしてしまう それは危険です 本当は正反対だからです ひとりでいられなければ より孤独になるからです そして子供達に一人でいることを 教えなければ いつか 孤独になってしまう

この前の社交的であることが最善である、という固定観念に疑問を呈し、一人ぼっちで自分と向き合う時間を持つことも重要であると指摘したスーザン・ケインと似ていますね。

arekorebibouroku.hateblo.jp


日本人はどうなのでしょう。

ブログやFacebookツイッターなどのSNSにおいても人とのつながりに煩わしさを感じている人は多いのではないでしょうか?

アクセス数が伸びて、たくさんの人に自分のメッセージ、考えを見てもらえるとうれしい半面、それが続くと、見に来てくれる人たちを意識して、自分を良く見せたり、彼らが望むような内容の記事・メッセージを発信しなければという強迫観念が生じてきますね。

マンネリ化してくるのと並行して、この思いが強くなってくると、いわゆるブログ疲れ、SNS疲れと呼ばれる状態になってしまいます。

『ひとりぼっち惑星』というアプリのヒットは、誰から来るかわからない、一方通行のメッセージを受け取り、しかも返信できない、自分にとっても誰に届くかもどう届いた相手にどう思われたかも知ることができないメッセージを送るという仕組みが、コミュニケーションの煩わしさを感じる日本人にあっていたからかも知れません。

欧米人よりも傷つきやすさを遺伝的に持っていると言われている日本人らしい現象なのかも知れませんね。

シェリー・タークルの指摘では、ネット上のコミュニケーションに依存することでよりたくさんの人や多くの時間、繋がっていなければという強迫観念を生むと言っていますが、日本人はより浅く繋がりたい欲求があるようですね。

欧米人も日本人も現実のコミュニケーションは煩わしくて、適度な距離感をコントロールできるコミュニケーション方法を求めています。

人との関係は面倒だが、孤独は嫌だというのは同じです。

しかし、日本人はより浅いよりゆるい、さらに削ぎ落されたコミュニケーションを求めているようです。

欧米人はFacebookなどのSNSで本名や顔写真を載せることにあまり抵抗を感じないのに対して、日本人は匿名性を好む傾向があることとも関係があるのかも知れません。

一体どちらがより人を孤独にさせるのでしょうね。

日本人はなかなか一筋縄ではいかないのは確かですね。

日本社会は孤独になりたくても世間が孤独にさせないからかも知れません。

“専門家”抜きで引きこもり問題は解決できるか同調圧力の孤立社会から自力で這い上がる方法|男の健康|ダイヤモンド・オンライン

孤独でいることを許さない同調圧力が人を孤立させるというのは興味深いですね。

田舎のメンヘラーは何が辛いかといえば - あれこれ備忘録@はてなブログ

記憶が正しければ、斎藤環さんがひきこもりや精神疾患・精神病の軽症化の背景に、日本社会が病気を重症化させるほど孤独でいさせない世間があることを指摘していたと思います。

狂って周囲のことがわからなくなるほど、あるいは周りのことなど気にせず「うわーっ」と叫び出せるほど孤独でいさせてもらえないために、正気は保ったまま苦しい状態が続いてしまうということです。

ブログ疲れ、SNS疲れを起こしやすい人が多い割には、メンヘラ系の記事に中傷のようなブコメをしていくはてなーに代表されるネット民の行動にもそれがよく現れている気がします。

ネット上のつながりですら煩わしさを感じるのに、一方で自分たちがその原因の1つである同調圧力を作り出す世間というものの一部になっているのです。

日本人は自分で自分の首を絞めていませんかね?

『ひとりぼっち惑星』がヒットしたというニュースからこんなことを感じたという話でした。