読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Android PCのRemix Miniが残りわずか

最安値で売っているパソコン工房のRemix Miniだが、もうそろそろ在庫がなくなり販売終了になるようだ。

欲しい気もするのだが、買っても最初に少し試すだけでほとんど使わない気がする。

ただ、AbemaTVなどの動画をテレビで見るのには便利そうだ。

Android用のWordやExcelと言ったオフィス系アプリも随分使いやすくなっているようだし、ネット閲覧と動画視聴とオフィス編集なら、このRemix Miniでも用は足りそうだ。

メインPCにするというわけにはいかないだろうが、普段使いにしても悪くないかも知れない。

ミニマリストならPCとテレビを別々に持つよりも、テレビをモニターにしてPCとして兼用する方がスマートだと思う。

最安値で買えなくなるだけで、Remix Mini自体はAmazonなどでも買うことができる。

AndroidよりもWindowsの方が良いというのならWindows搭載のスティック型PCでも良いと思う。

持ち運びに便利なスリムで軽いノートPCと、3Dゲームや動画編集などの様なマシンパワーを使う処理をする場合に高性能のデスクトップPCを持つというのがこれまでの常識だと思う。

しかし、ネット動画視聴などPCを使う用途が少し変わってきた現在だと、高性能なノートPCをメインPCとし、テレビに繋いで使えるスティック型PCやNUCなどの小型PCをサブとして持つというのもありかも知れない。

Remix Miniを買う前に注意しなくてはいけないのは、値段相応で高速には動作しないらしいということだ。

ネット上の使用感レビューではもっさりしていて使えないという人もいる。

もちろんネット閲覧などの普段使いやゲームをするのには十分だという人もいたが、過度な期待はしないほうが良いだろう。

もう一つは、Remix MiniにインストールされているRemix OSはバージョン2.0で今後バージョンアップはされても(実際、11月4日にバージョン2.0.626が配信された)、メジャーアップデートでバージョン3.0にはならないことだ。

バージョン2.0はAndroid 5.1(Lollipop)ベースだがバージョン3.0はAndroid 6.0(Marshmallow)ベースだ。

ベースとなっているAndroidのバージョンが上がらないというのは基本的な機能の改善が見込めないということなのでちょっと困るかも知れない。

また、これから先どのくらいアップデートが継続されるかもわからないのだ。

つい先日もアップデートされていることから、セキュリティアップデートや安定動作のためのアップデートは今後もしばらくはあるだろうが、こちらもあまり期待しないほうが良いのかも知れない。

高速動作や今後のアップデートを期待するなら、少し前のIntelCPU搭載の小型PCを買ってRemix OS for PCをインストールして使うという手がある。

通常のPCにRemix OS for PCをインストールして、テレビに出力すれば同じことはできるのだが、それでも何だかRemix Miniの様な小型PCを単体でほしくなるから不思議だ。

これも「欲しい物リスト」に入れておくべきかも知れない。

12月11日追記

あと3点。

もう売り切れてしまったかも。

12月27日追記

パソコン工房オンラインストアでもRemix Miniが買えなくなっていた。

もうあの値段では買えないようだ。

残念。

再度の入荷はあるだろうか?

Amazonの商品ページを見たら、パソコン工房の売り切れを受けてか、大幅に値上がりしていた。

前に4000円程度で買えたことを考えると10000円で買う気にはとてもなれない。

広告を非表示にする