読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Amazonで今すぐ使えるクーポンGET !

Windows 10 HomeエディションでWindows Updateを回避できそうな唯一の方法

www.itmedia.co.jp

似たようなことは過去に何回もあるのですが、また起こっているようです。

以前は、手動でアップデートするようにして、不具合が起こるかどうか確認しなければアップデートしていました。

不具合が起こった場合には、それに対するアクション(MSが解決するまでの間アップデートを取り下げたり、パッチを提供するなど)があるまで、待つことができたのです。

しかし、Windows 10ではProでは無効にできるものの、Homeでは自動的にアップデートされるのを止めることはできず、基本的には再起動の時間を遅らせることしか対応のしようはありませんでした。

普段、Windowsを使わなければ、起動しなければ良いのですが。

少し、調べてみたところ、どこまで有効かわかりませんが、Windows Updateを自動的に行わせない方法があったので紹介します。

xinroom.net

WiFiやモバイル通信を使っている場合、定額制でない場合には通信量に応じて通信費がかかってしまいますね。

Windows Updateを勝手に行うことで、高額な請求がされると困るわけです。

Windows 10への強制アップグレードが問題になりましたが、勝手にアップグレードされてしまうという問題だけでなく、通信費が問題なったケースがあります。

www.newsweekjapan.jp

通信費だけでなく、一定量以上の通信を行うと通信速度に制限がかかってしまうこともあり、通信の容量を勝手にWindows Updateの通信が奪ってしまうと問題もあります。

それを避けるための設定が、上の記事で紹介されているものです。

これを使うことでWiFiやモバイル通信を行っている場合には、確認を行うだけでアップデートファイルのダウンロードは行わないようにできます。

これがすべてのアップデートに有効なのかどうかはわかりません。

しかし、Windows 10 Homeエディションでできる対策はこれ以外には無いので一応やっておくと良いと思います。

「設定」の「セキュリティと更新」あとで手動でアップデートできるので、問題が解決したらアップデートしましょう。

広告を非表示にする