読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

数学に再び挑戦している

先日、思い立ってダンボール箱の封を開け、数学の教科書を取り出して1から始めています。

この本です。

もう長いことやっていないこともあり、全くと言っていいほどできなくなっています。

本が読めないというのに数学をやろうというのが無謀なのですが。

それでも時間をかけて1日に数問程度やってみようと思います。

「基礎からの微分積分」という本ですが、まだ微分積分までできていません。

答えがわからずじまいのものもあります。

例えば

y = x 2 4 ( x 0 ) y = x + 4 y = sqrt{ x + 4} の交点を求めよ

という問題です。

解答のところには答えしか書いておらず、求め方が何も書かれていないのでさっぱりわかりません。

答え自体がそれを代入するとルートの中にルートが入るもので、電卓を使わないと確かめようがないものでした。

どうやって演算で解いたのかさっぱり検討がつきません。

仕方がないので諦めて次に進みました。

今日はこの問題につまりましたが、なんとか今回は解けました。

tan 1 1 2 + tan 1 1 3 = π 4 tan^-1 {1} over {2} + tan^-1 {1} over {3} = { %pi } over { 4 } を示せ

です。

演算で解けるのかどうかわかりませんが、幾何学的に求めました。

皆さんは解けるでしょうか?

少しずつでも頭を動かしていることと、問題が解けることでエフィカシー(自己効力感)が高まることで少し気分が良くなっている感じがします。

できれば続けたいですね。

本当はプログラムなど役に立ちそうなことをしたいのですが、それはまだ難しそうです。

広告を非表示にする