あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Amazonで今すぐ使えるクーポンGET !

あなたがJavaプログラマになるべき9つの理由

英語記事を翻訳しました。

www.dexterstuff.com

面白い記事を見つけたので、頑張って訳してみました。

ところどころおかしな訳がありますがご勘弁ください。


翻訳文

JAVAは世界で最も有名なプログラミング言語の1つです。 それはどんなプラットフォームでもシームレスに動くように設計されています。 Javaのホームページから、世界中の10億のコンピュータと30億の携帯電話でJavaが動いていることがわかります。 以下があなたがJAVAプログラマになるべき9つの理由です。

1)習うのが簡単

Javaはとても強力でこれまでの人生で1行もコードを書いたことがない初心者(これから始めようとしている人)でも学ぶのが簡単です。 Javaは幾つかの魔法の象徴的なキーワード(<>の記号やジェネリクスなどのような)を除いて、多くが英語のように見えます。 一度、プログラマが、JDKのインストールやPATHの設定そしてClasspathの働き方がどのようなものか理解することのような最初のハードルをよく理解してしまえば、Javaでプログラムを書くことはとても簡単です。

2)オブジェクト指向言語

JAVAがとても人気がある主たる理由の1つはそれがオブジェクト指向(プログラミング)言語であることです。 OOPS(オブジェクト指向システム)のアプリケーションを開発することはとても簡単で、システムモジュール(部品)を維持するのにも役立ち、柔軟性と拡張性があります。 一度、あなたが抽象化やカプセル化、多態性や継承といったOOPSのコンセプトの知識を得ると、あなたはJavaですごいことができます。

3)Javaには豊富なAPIがある

Javaプログラミング言語の大いなる成功のたくさんの理由の1つは豊富なAPIであり、もっとも重要なのはそれがはっきりしていることです、なぜならJavaをインストールすることで一緒についてくるから。 JavaはI/O,ネットワーク、ユーティリティ、XML構文解析、データベース接続、そしてほとんどすべてを提供しています。 残りは何でもApache CommonsやGoogle Guaveその他のオープンソースライブラリでカバーされます。

4)Javaは素晴らしいエディタを得た(キラーエディタ)

Javaで利用可能なIDE(統合開発環境)はあなたを驚かせるだろう。 それは強い型付け言語なので、エラーが直ちに通知されるだけでなく、わかりやすい説明があり、とてつもなく簡単にリファクタリングやリフォーマットの提案を受けるでしょう。 それらを使った後には、ほとんどの人々はそれ以前にどうやってコードを書いていたのか不思議に思います。 もっとも一般に使われているJava向けエディタはEclipse、Netbeans、Jcreatorなどです。

5)オープンソースライブラリの集合体

オープンソースライブラリはJavaがどこでも使われるべきことを確実にしています。 ApacheやGooglesそしてその他の組織がたくさんの素晴らしいライブラリを提供(寄贈)していて、それらはJava開発を簡単で迅速にそしてコスト面で効果的にしてくれます。 SpringやStrutsやMavenのようなフレームワークがあり、それらはJava開発をソフトウェアの職人技を得るのに最も効率の良い手法に従うことを確実にし、デザインパターンの使用を促進し、Java開発者がその仕事をやり遂げるのを手助けします。

6)巨大なコミュニティのサポートがある

Javaは大体20年以上の歴史があり、Javaコミュニティは多数の人によって成長しています。 コミュニティはJavaプログラミングとプラットフォームの最も大きな強みです。 たとえ、どんなによい(プログラミング)言語でももしサポートやヘルプや知識の共有のためのコミュニティがなかったら、その言語は生き残れないでしょう。 Javaはラッキーである、多くのことを助けてくれるたくさんのアクティブなフォーラム、Stackoverflow、オープンソース組織そしていくつかのJavaユーザーグループがあります。 初心者や中級者、そして熟練のJavaプログラマですら助けるためのコミュニティがあります。 Javaは実際に会話とコミュニティに恩返しする習慣を促進します。 たくさんのプログラマがオープンソースを使っており、コミッターやテスターなどとして貢献しています。 熟練のプログラマが様々なJavaフォーラムやStackoverflowで無料でアドバイスをくれます。 これは真に素晴らしく、Javaの初心者にたくさんの信頼を与えています。

7)Javaはプラットフォーム非依存である

1990年には、これがJavaの人気の主要な理由でした。 プラットフォーム非依存の考えはすばらしく、Javaのキャッチフレーズ「Write once run anywhere(一度書いたらどこでも動く)」は新しいJavaでの開発を惹きつけるのに十分魅力的でした。 これは今でもJavaがベストなプログラミング言語であることの理由の1つで、ほとんどのJavaアプリケーションはWindows環境で開発され、UNIXプラットフォームで動きます。 プラットフォーム非依存の背後にある事実は、オペレーティングシステムの上で直接動作するCやC++とは違い、JavaがJava仮想マシン(JVM)と呼ばれる仮想マシンの上で動作することです。

8)Javaは遍在する

Javaはまさにあなたが想像できるすべての場所で動作します。 それはスケーラビリティや安定性やメンテナンス性のために、通常、最終的にはもっとも大きなアプリケーションになるところのものであります。 IOT(Internet of Things)のリーダーになるためにJavaコミュニティで巨大なプッシュもまたあります。 そしてそれは来ています。 とても早く。 近い将来に、あなたのめざまし時計が自動的にコーヒーを淹れるのを開始する時があるでしょう。 そしてJavaがそれをしている可能性もっともあるでしょう。

9)Javaは"無料"

人々は無料のものが好き、そうですよね? それでもしプログラマがプログラミング言語を習いたいなら、あるいは組織がテクノロジーを使いたいなら、コストは重要な要素です。 Javaは最初から自由なので、すなわちあなたはJavaアプリケーションを作るのに何も支払う必要はないのです。 この無料のものが個人のプログラマや大きな組織の間でJavaが人気になるのを助けました。

感想

私も昔、Javaを少し学んだことがあります。

今は全然出来ませんが、こういうのを読むとまたやってみたくなります。

広告を非表示にする