あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

クロザリルが使えない統合失調症患者の遺伝子が特定されたらしい

resou.osaka-u.ac.jp

クロザリル(クロザピン)は使ったことがないけれども、使えない人のタイプが特定できれば、クロザピンを処方するのに限られた医療施設でそれも入院して様子を観察しなくてはいけない、ということは無くなるでしょうから、クロザリルを処方される可能性がある全ての統合失調症患者にとって朗報ですね。

全く別の話ですが、上の本の著者は以前、紹介したカルボニルストレス説を紹介する動画に登場していた方ですね。

www.youtube.com

これすら未だに現場では治療に反映されていませんね。

治る治療を早く私も受けたいです。

今のところ、病院へ通う前と何も変わっていません。

薬を飲み続けてむしろ悪くなったところもあります。

はっきりとした幻聴は薬を飲むまでは経験したことがなかったのですから。

CTやMRIで撮影した脳画像を見るだけで精神的な病気が特定できる日は来るのでしょうか?

淡い期待でしかありませんが。

広告を非表示にする