あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

暑いけどエアコンはあまり使いたくない。自分の周りだけ冷やしたい。そんな便利な商品が!

アフィリエイトでおもしろい商品見つけました。

冬に自分の周囲だけ暖めたいということで、電気カーペットや電気膝掛けなどがありますが、同じように夏の暑い時期に自分の周りだけ冷やしたいというときに使うマットってありませんでしたよね。

なんとなくひんやりしているマットはありましたけど、実際冷やす商品はあまり見かけたことがありません。

ジェルなどを使ったマットはこのひんやり感じさせるもので冷感マットと呼ばれるものですが、これはひんやり感じるのは最初だけですぐに体温が伝わってしまい、ぬるい感じなって残念な気持ちになりますよね。

このマットは水を循環させて冷やすようです。さらに水を実際にペルチエ素子を使って電気の力で冷やしています。

ウォーターベッドとは違って大量の水が入るわけではないようなので持ち運びが大変だということは無さそうです。

ペットを飼う人が増えていたり、ペットの高齢化が進んでいて、熱中症になるペットがいることが問題になっているそうです。

自分がいない間、ペットのためにエアコンをつけっぱなしにしておく人もいるようですが、なかなか電気代が大変そうですね。

これだと必要最小限の場所で必要最小限のエネルギーでペットの熱中症を防げそうです。

難点は冷えすぎるのでジョイント部分やチューブが湿った感じになるみたいです。

水を使っているだけに漏れているのか?と思うようですが、結露によるものだそうです。

湿気が高く暑い時期に冷えたところがあるとそこに空気中の水分が集まってしまうんですよね。

飲み物の周りに水滴がつくのと同じですね。

水漏れではないようですが、その周辺がすこし濡れてしまうのは困るかも知れません。

冷やしたペットボトルを持ち歩くときにするように、まわりにタオルなどを巻いておけば防げますね。

冬には逆に水を温めて使うことができるようです。

電気カーペットや電気毛布などはどうしても乾燥した感じになってしまいますが、この水温で温める場合はじんわりと温まって良さそうです。

年輩の方はエアコンが体に堪える人が多いのでいいのではないでしょうか?

考えたものですね。

水冷マットの類似商品一覧。価格を比較

広告を非表示にする