あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

マイナーOSたちを紹介

うちの環境ではどれも起動に失敗してしまいましたが紹介します。

JX - The fast and flexible Java OS

Javaがコア部分に組み込まれているOSだそうです。

フロッピーに入るサイズで、動けばリモートデスクトップも使えるようなのでシンクライアントとしても使えそうです。

JNode

こちらもJavaで作られたOSです。

サイトのスクリーンショットを見るとわかりますが、こちらはJXよりもかなりリッチなGUIになっています。

C/C++いっさいなし、Javaだけで開発されたOS - JNode

以前にニュース記事にもなっているので、知っている人も多いと思います。

MenuetOS

通常、新しいOSはC言語系の言語で作られているそうで、JNodeはJavaで作られていましたが、それらは人間が読んで理解しやすく開発もしやすい高級言語で作られているという点では同じです。

しかし、アセンブリ言語で作ったほうが無駄が少なく高速で、サイズも小さくできるということでMenuetOSはすべてアセンブリ言語で作られているとのことです。

スクリーンショットを見るとわかりますが、かなりリッチなGUIです。

しかし、サイズはこれもフロッピーに入る大きさです。

DOOMというゲームも動き、ネット接続も可能で、動画再生の機能もあります。 派生OSにKolibriOSというものがあります。

KolibriOS

フロッピーのイメージファイルをUSBメモリに入れてブートする方法はこちらの記事がくわしいです。

SYSLINUXでマルチブート【基本編】

Windows8前後からUEFIなどの仕組みができたせいか、このあたりの新しいマシンでは起動はできてもうまく動かないようです。

特にAMDのCPUとは相性がわるいようです。

GPUとCPUが一体になったAPUではさらに厳しいと思います。

XPマシンがある場合は試してみるとおもしろいですよ。

広告を非表示にする