あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

マイナー検索サイト

検索エンジンなんてどれも同じ…という固定観念に喝を入れる新サーチ(動画)
上位100、1000、1万、10万、100万件にリストアップされる結果を除外して、あんまり普段なら目にすることもない情報をワンクリックで絞り込めるという興味深いアプローチなんです。
面白い検索サイトですね。 Yahoo! Japanなども検索にはGoogleの結果を使っているそうですから、ほとんどの人はGoogleの検索結果を見ていると言えそうです。 でも、世の中にはいろんな検索サイトがあるみたいです。 内部的にはどうなのかはわかりませんが。 以前、ここのブログに来た人が使っていた検索サイトについて調べてみたことがあります。 検索サイトはgoogle、yahooだけじゃない 個々に書いてあるもの以外にもBaiduやDuckDuckGoという検索サイトがありますね。 DuckDuckGoは個人情報漏洩の不安から最近また注目されているようです。 個人情報の漏洩を防ぐ「DuckDuckGo」アプリでどこからでも匿名で検索を あのMCハマーが開発に関わった検索サイトもあったのですが、無くなってしまったようです。残念ですね。 ラップ歌手の MC Hammer、検索エンジン「WireDoo」を開発 かつて国産の検索エンジンを作ろうとしたこともあったようですが、こちらも駄目でした。 国産検索エンジン開発が頓挫した先にあるもの (1/3) 普段の検索結果を見ていて、みなさんも思うと思いますが、Googleの表示する検索結果は確かにたくさんの人が見ているサイトなのでしょうが、必ずしも知りたい結果や正しい情報が書かれたサイトが上位にあるわけではないですよね。 最近はさすがにいろいろと社会的責任があるようで結構、フィルターがかかってます。 また国ごとに検索結果を変えてきてもいます。 たまに別の検索結果を調べて見ることも必要なのかもしれませんね。 イーライ・パリザー:危険なインターネット上の「フィルターに囲まれた世界」
広告を非表示にする