あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

批判の仕方がおかしい

件のニュース記事で教授が言っているのが本当かどうかはわかりません。 でも、その場で足踏みしていてもエネルギーは消費されない、などとは言っていないことは明らかです。 普通に考えれば、時速10kmで10kmを走る、つまり1時間運動するのと 時速5kmで同じ距離を2時間歩くのと、消費カロリーが同じだと言っているのだと考えます。 ジョギングのほうが消費カロリーが高いと言っている情報もネットで探せばたくさんあるので、教授の主張に疑問を持つのは当然ですが、反対意見を持つにしても持ち方ってものがあると思います。 福岡大学スポーツ科学部教授というのですから、そう主張するのには学生に協力してもらって実験したりして、一応結果を得てそれを根拠にしているはずです。 繰り返しますが、その場で足踏みしていてもエネルギーは消費されない、などとは言っていないことは明らかです。 記事の教授の主張をオカルトのように取り上げたいのかも知れませんが、この場合、反対派の主張のほうが明らかにオカルトです。 菊池誠さんと言う人は調べてみたら物理学者らしいです。 どっちがオカルトなんでしょうね。
広告を非表示にする