あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Windows XP期限切れ後の不安

【三重】 ウィンドウズXP期限切れ、自治体「サイバー攻撃は滅多にあるもんじゃないし、別に不安は無い」 個人ではこういうことはめずらしくないでしょうけど、企業や自治体などでこういうことがあると困りますよね。 特に市町村などでは、もともと住基ネットは別の端末で構築・運用され、インターネットとは物理的に隔離される、だから安全、という説明だったのです。 ところが、実際、運用がスタートしてみると多くの自治体でインターネットに接続されたのと同じPCで住基ネットが運用されていたのです。 そこで急遽、ファイアウォールが開発されたという経緯があったと記憶しています。 当時の総務大臣片山虎之助さんだったはずです。 XPがサポート期限切れになり、セキュリティ脆弱性をついた攻撃があった場合、ファイアウォールがあるとは言え、本当に大丈夫なのでしょうか? 大丈夫かどうかはともかく、まとめ記事の引用元のニュースに出てきている自治体はそういう危機感が無いことは確かですよね。
広告を非表示にする