あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

心の病気をめぐる記事・動画を紹介

今日、見つけたネットのニュース・動画を紹介

 

職場のいじめ、「見た目の良し悪し」が運命の分かれ目-研究

 

100人ほどの人の写真を、他の人に見てもらい外見的な魅力について評価してもらった。

 

外見の魅力に欠けると評価された人に聞き取りをしてみると、職場でのイジメを経験しているという人が多かった、という研究結果。

 

容姿の問題でいじめや嫌がらせ、中傷を受けることがあることを示すものです。

 

こういうことは以前から言われていることですが、この結果、悩んで心の病を得た人が病院を受診すると、本人の受け止め方の問題、気のせい、さらに言えば妄想であると言われてしまいます。

 

こういうことがあるということを前提にした治療というものはいつになったら行われるようになるのでしょうか?

 

薬を飲んでも実際にあるものは消えることはないのですから、良くなることはほとんどありません。

 

効果を感じられないまま、薬の副作用に苦しむということになり、さらに追い詰められることになります。

 

鉄不足

 

鉄不足

 

廣瀬クリニックという病院で行われている勉強会の動画のようです。

 

うつ病などと診断される人の中に、鉄不足による貧血からくる精神症状である場合の人がいるというお話。

 

この病院の医師は薬だけに頼らない、サプリや食品によって症状の改善を目指す栄養療法を行なっているようで、この他にも様々な動画がアップされています。

 

実はうつ病統合失調症の人に特定の栄養素が不足していることは、NHKの番組の中でも指摘されていました。

 

あさイチでうつ病に対する食事療法が取り上げられていました。そのなかで統合失調症とナイアシンについても言及がありました

統合失調症ナイアシンの欠乏によって引き起こされる、とまでは言えるかどうかはわかりません、しかし、一部の人に対してはナイアシンの補給で症状が改善するのは事実のようです。

 

「幻聴・幻覚にナイアシンが効く!」

 

ナイアシンを含んだ食品を摂っていなくて不足している場合もあるのかも知れませんが、その人の体質や過度なストレスによってきちんと吸収されなかったり、消費が激しいために欠乏している場合があるようです。

 

その場合には、食事の改善では無理で、ナイアシンサプリメントを飲まなくてはいけません。

 

そういった人向けの含有量の高いサプリメントは日本ではほぼ売っていないので、個人輸入代行業者から購入するしかありません。

栄養療法も一般の病院で受けられるようになるといいのですけどもね。

 

病院で受けられる場合でも、現在の段階では保険は効きません。

 

別の病気で栄養素の不足がその原因となっている場合だけです。 望む治療が受けられるようになる日が早く来るといいですね。

 

広告を非表示にする