あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

保護モードが効いているならplugin-containerはいらない?

以前、記事に書きましたが、FlashJavaなどのプラグインに不具合が起こった時にブラウザが影響を受けることが無いようにplugin-containerという機能がFirefoxに入っています。 しかし、これが複数flash、例えばYouTube動画を複数表示させた場合に動作が非常に重くなると評判が悪く、これを無効にする方法が紹介されたりしていました。 Flash Playerのバージョンが11.3になってから保護モードという機能が追加されましたね。Windowsで不具合が起こっていますが、問題がない場合、これがすでにPlugin Containerと同じ機能を果たしているわけですから少なくともFlashに関しては無効にしてもいいんじゃないかと思います。 以前に書いた記事を参考にしてやってみてください。 about:configとアドレスバーに入力して Linuxであれば
dom.ipc.plugins.enabled.libflashplayer.so
Winであれば
dom.ipc.plugins.enabled.npswf32.dll
を検索してtrueになっているのをfalseにすれば無効になります。 とりあえずこれで様子を見てみます。