あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

Puppy Linuxでapt-getを使う その4

リポジトリを追加する方法を探していたのですが、こんなサイトを見つけました。

http://repogen.simplylinux.ch/

必要なリポジトリのサーバにチェックをいれるとlistファイルを作ってくれるというサイトです。

できあがった文字列をコピーして

/etc/apt/sources.list.d/以下に作ったファイル(sources.listなど)に貼り付ければいいわけです。

その後、apt-get updateし、前の記事にあったように公開鍵のエラーが出た際の対処をすれば準備完了です。

installなどもちゃんとできるみたいです。

これからやってみようと思います。

mozcのインストールをできるといいのですが。

puppyはanthyとかcannaで、input methodがscimなのでibusじゃなくてscim-mozcが動けばいいなと思います。

ただ、そのときにlibcなど大量のファイルが更新されちゃいますね。puppyいれている意味が無くなるんですが。。。

広告を非表示にする