あれこれ備忘録@はてなブログ

勉強したことやニュースや出来事を備忘録として書いていきます

WebGL設定(Firefox,SeaMonkey)

「Hardware Acceleration」(Scene Side B) 今はデフォルトでWebGLに必要な設定はONになっているので特に設定する必要はないはずだが、古いグラフィックボードやOS、intel製のオンボードなどでは手動で設定することが必要かもしれない。 実際は動くし、WebGLくらいなら速度的にもさほど問題無い場合でも有効になっていない場合があるので、強制的に有効にしてやらないといけない。 今はもう無くなってしまった項目もあるはずなのだが、SeaMonkey(それもNightly)だと本当になくなっているのかどうかよくわからない。 とりあえず layers.accelerate-all layers.acceleration.force-enabled gfx.direct2d.force-enabled gfx.font_rendering.directwrite.enabled gfx.use_text_smoothing_setting webgl.force-enabled をtrueに。 layers.accelerate-allの項目を作らなくとも、layers.prefer-d3d9をtrueにするとうちの環境ではWebGLが有効になる。逆にprefer-d3d9がfalseでもaccelerate-allがtrueだと同じように有効になる。 mozilla.widget.render-modeを6 にする。 1ヶ月か2ヶ月前のNightlyだとDirectWriteもTrueになったのだが、今のバージョンでは何故か設定を変えてもTrueにならない。 OpenGLを有効にする設定やMesaのdllを使ってソフトウェアでレンダリングする方法はうまく行かなかった。 それでもGoogle Bodyなどもちゃんと動くので十分だと思う。 VR-Studio(TM) Advanced(USB版) ELSA NVIDIA Quadro 5000 EQ5000-25GER OpenGLプログラミングガイド OpenGLバージョン2 オフィシャルガイド ブラウザー・スクリプティング これは便利!ブラウザー超カスタマイズTips集 はじめてのGoogle Chrome 新機能満載!新Webブラウザのインストールからカスタマイズまで!
広告を非表示にする